○小鹿野町住宅リフォーム資金助成事業実施要綱

平成19年3月16日

告示第12号

(目的)

第1条 この告示は、町内に住所を有する者(以下「町民」という。)が、住宅のリフォーム工事(以下「リフォーム工事」という。)を行う場合に、その経費の一部を助成することにより、住宅改善を促進するとともに、住宅関連業種の振興及び町民生活の向上を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 助成の対象となる者は、町民で、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 対象となる住宅を所有し、かつ、当該住宅に自ら居住している者

(2) 町税の未納がない者

(3) 対象となるリフォーム工事について、町で実施している他の助成制度を受けていない者

(助成対象工事)

第3条 町は、リフォーム工事を、町内に住所を有し小鹿野町建設工事等競争入札参加資格者名簿に登載された業者又は小規模事業者登録された業者(以下「町内施工業者」という。)に依頼して行った場合にその経費の一部を助成するものとする。ただし、災害による場合については、町内施工業者でない場合であっても助成するものとする。

2 前項の規定による助成は、予算の範囲内とし、同一の住宅におけるリフォーム工事について1回限りとする。ただし、申請者が過去にこの助成を受けた年度の翌年度から起算して5年経過後は、再度助成を受けられるものとする。

3 災害による場合については、前項の規定は適用しない。

4 助成対象となるリフォーム工事は、申請時に未着工のもので、その工事に係る費用(消費税を含む。)が20万円以上のものとする。ただし、災害による場合については、その工事に係る費用(消費税を含む。)が10万円以上のものとし、着工、未着工を問わないものとする。

5 助成対象となるリフォーム工事は次に掲げるものとする。

(1) 老朽化等による住宅の修繕及び補修のための工事

(2) 住宅の模様替えのための工事

(3) 耐震のための工事

(4) その他、当該住宅に付属する設備等で町長が必要と認めるもの。

(5) 災害により被災した住宅、店舗及びこれに付随する施設(倉庫、車庫又はこれに類する物、塀など)の修繕、補修のための工事、その他、町長が必要と認めるもの

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 前条第5項第1号から第4号の工事に係る費用の10分の1以内の額とし、上限は10万円とする。算定した額に1,000円未満の端数があるときは、当該端数金額は切り捨てるものとする。

(2) 前条第5項第5号の工事に係る費用の10分の1以内の額とし、上限は20万円とする。算定した額に1,000円未満の端数があるときは、当該端数金額は切り捨てるものとする。

2 非課税世帯においては、前項で算定した額の2倍の額とする。ただし、限度額は変わらないものとする。

(助成の申請)

第5条 助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、リフォーム工事の着手前に、住宅リフォーム資金助成金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、町長に申請しなければならない。ただし、災害に係る場合は、第1号及び第2号を被災証明書に代えることができる。

(1) 工事見積書の写し

(2) 施工前の現場写真

(3) 工事施工箇所の分かる平面図、配置図等

(4) その他町長が必要と認める書類

(助成の決定)

第6条 町長は、前条の申請があったときは、申請書類の内容を速やかに審査し、審査結果を住宅リフォーム資金助成金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(工事完了届)

第7条 前条の通知を受けた申請者(以下「助成決定者」という。)は、工事完了後、30日以内又は補助年度の3月25日のいずれか早い期日までに住宅リフォーム資金助成工事完了届(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。ただし、災害に係る場合は、30日経過後であっても工事完了後速やかに提出することでこれを特に認めるものとする。

(1) 工事代金の領収書及びその内訳書の写し

(2) 施工後の写真

(3) 工事施工箇所の分かる平面図、配置図等

(4) その他町長が必要と認める書類

(実地調査)

第8条 町長は、必要と認めるときは、助成の対象となったリフォーム工事状況について、実地調査を行うことができる。

(助成金の確定)

第9条 町長は、助成決定者から提出された工事完了届に基づき交付額を確定したときは、住宅リフォーム資金助成金確定通知書(様式第4号)により通知するとともに、確定した額の助成金を交付するものとする。

(助成金の返還等)

第10条 町長は、助成決定者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、助成金の交付の決定を取り消し、又は既に交付された助成金の返還を命ずることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により、助成金の交付を受けたとき。

(2) 助成金の交付決定の内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年2月29日告示第11号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月24日告示第15号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年1月24日告示第3号)

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日告示第28号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年6月9日告示第56号)

この告示は、公布の日から施行し、平成28年5月1日以降の申請分から適用する。

附 則(平成29年3月9日告示第11号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年5月1日告示第32号)

この告示は、平成29年5月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日告示第28号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像画像

画像

小鹿野町住宅リフォーム資金助成事業実施要綱

平成19年3月16日 告示第12号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第4章
沿革情報
平成19年3月16日 告示第12号
平成20年2月29日 告示第11号
平成21年3月24日 告示第15号
平成24年1月24日 告示第3号
平成26年3月24日 告示第28号
平成28年6月9日 告示第56号
平成29年3月9日 告示第11号
平成29年5月1日 告示第32号
平成30年3月30日 告示第28号