埼玉県小鹿野町

  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ変更
    • 標準
  • 背景色変更
  • Foreign Language:
サイト内検索:
お問い合わせ

個人町・県民税 配偶者控除及び配偶者特別控除の一部改正(平成31年度より改正)

平成31年度から個人町・県民税の配偶者控除と配偶者特別控除が一部改正されます

 平成31年度(平成30年中の所得に対する課税分)から、個人町・県民税の配偶者控除と配偶者特別控除の控除額が一部改正されます。勤務先の扶養手当や社会保険への加入条件などとは異なりますので、社会保険などは勤務先へ確認してください。

 

 

納税者本人の所得要件が設けられます

 平成31年度から、納税者本人の合計所得が1,000万円(給与のみの場合、収入1,220万円)を超える場合、配偶者控除が適用できなくなります。

 配偶者の合計所得が38万円以下(給与のみの場合、収入103万円以下)の場合、現行では納税者本人の所得に関わらず、配偶者控除額33万円が適用されますが、平成31年度からは納税者本人の合計所得が900万円を超えると22万円、950万円を超えると11万円に減額されます。

 配偶者特別控除にも同様に、納税者本人の所得要件が設けられます。

 

 

配偶者特別控除が適用される配偶者の所得要件が拡大されます

 現行では、配偶者の合計所得が76万円(給与のみの場合、収入141万円)を超えると、配偶者特別控除が適用できませんが、平成31年度からは合計所得123万円(給与のみの場合、収入201万円)に改正されます。

 

■配偶者控除の控除額及び配偶者特別控除の控除額について【PDF】