埼玉県小鹿野町

  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ変更
    • 標準
  • 背景色変更
  • Foreign Language:
サイト内検索:
お問い合わせ

町税の納税に係る猶予制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ(徴収猶予の特例制度)

 

徴収猶予の申請

 新型コロナウイルスの影響により事業収入や給与収入等に相当の減収があった方は、1年間、町税の猶予を受けることができるようになります。

 担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。猶予期間の途中においても、状況に応じて分割納税等をしていただくことも可能です。

※町税の徴収を猶予する制度であり、税額が減免される制度ではありませんのでご注意ください。

 

対象となる方

 以下の(1)(2)のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者の方

(1)新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において、事業収入や給与収入等が前年の同期に比べて概ね20%以上減少していること。

(2)一時に納税することが困難であること。

 

対象となる町税

 令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する個人町県民税、法人町民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税などすべての町税

※上記のうちで既に納期限が過ぎている町税についても、遡ってこの特例を利用することができます。(ただし、納税済のものは対象となりません。)

 

猶予期間

 猶予を受けることができる期間は、各納期限の翌日から1年の範囲内となります。

 

申請方法

 下記の徴収猶予申請書(特例)に必要事項をご記入のうえ、添付書類とともに税務課へ提出してください。

 

申請の期限

 令和2年6月30日、又は、納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。

 

その他

・申請書類の内容を審査後、「徴収猶予許可通知書」又は「徴収猶予不許可通知書」を郵送にてお知らせいたします

・口座振替をご利用の方につきましては、申請された時期により、金融機関への振替停止の手続きが間に合わずに、引き落とされてしまう場合がありますので、ご了承ください。

・新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送での提出にご協力をお願いいたします。

 

申請書等

納税猶予チラシ

徴収猶予申請書(特例)・記入例・手引き

財産収支状況書(猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合)

財産目録・収支の明細書(猶予を受けようとする金額が100万円超の場合)

⑤収入の減少等の事実を証する書類(売上帳、給与明細、預金通帳等の写し)

⑥申請日以後の収入及び支出の見込みを明らかにする書類

※添付資料の提出が難しい場合は口頭によりお伺いしますので、税務課までご相談ください。

 

 

お問い合わせ

小鹿野庁舎・税務課

℡0494-75-4125