埼玉県小鹿野町

  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ変更
    • 標準
  • 背景色変更
  • Foreign Language:
サイト内検索:
お問い合わせ

【注意喚起】インフルエンザにご注意ください!!

インフルエンザとは

 インフルエンザの症状は、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が急に強くあらわれます。併せて、普通のかぜと同様に、のどの痛みや鼻水などの症状も見られます。さらに、気管支炎、肺炎などを併発し、重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。特に、お子さんではまれに急性脳症を発症したり、高齢者や免疫力の低下している方は肺炎を伴うなど、重症になることがあります。

≪重症化する危険が高い人≫

 『高齢者』、『幼児』、『妊娠中の女性』、『持病のある方』、『喘息のある人・慢性呼吸器疾患(COPD)・慢性心疾患のある人・糖尿病など代謝性疾患のある人』など

 

インフルエンザに感染しないために

(1)手洗いをしっかりと

 帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめに手洗いをしましょう。 アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

 ※うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれています。しかし、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。

(2)予防接種を受ける

 予防接種は発症する可能性を減らし、万一発症しても重症化を防ぐ効果があります。医師と相談して、流行期前に予防接種を受けるようにしましょう。

 ただし、ワクチンの効果が持続する期間は一般的に5カ月程度です。また、流行するウイルスの型は毎年変わります。このため、過去にワクチンを打っていても、毎年の接種が重要になります。

(3)咳エチケット

 ウイルスは、くしゃみや咳の飛沫に含まれて拡散します。くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のようなエチケットを心掛けましょう。

・マスクを着用しましょう。

・くしゃみや咳が周囲の人にかからないようにティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。

・くしゃみや咳の飛沫は、1~2メートル飛ぶと言われています。くしゃみや咳をする場合には、周囲の人からなるべく離れましょう。

(4)普段からの健康管理

 免疫力が弱っていると、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。また、感染したときに重症化するおそれがあります。普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心掛け、免疫力を高めておきましょう。

(5)適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

(6)人混みや繁華街への外出を控える

 インフルエンザが流行してきたら、外出先で感染する恐れがあります。不要不急のときは、なるべく人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

インフルエンザにかかってしまったと思ったら

 目安として、38℃以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合は、インフルエンザに感染している可能性があります。具合が悪い場合は、医療機関を受診しましょう。

 また、睡眠を十分にとるなど安静にして休養をとり、高熱による発汗での脱水症状を予防するために、こまめに水分の補給をしましょう。

 

■インフルエンザQ&A(厚生労働省ホームページ)

 

 

お問い合わせ

小鹿野町保健福祉センター・保健課

℡0494-75-0135