小鹿野町ホームページにおけるSSL通信について

SSL(Secure Socket Layer)とは
 小鹿野町ホームページの一部(URLがhttpsで始まるページ)ではSSL通信の技術を利用しています。
インターネットにおけるサービスを利用時、個人情報など重要な情報をやりとりする場合、情報の盗聴、改ざん、ホームページのなりすましを防ぎ、安全な通信を行うために、SSLという仕組みを使用します。

SSLは「サーバ証明書」と「サーバ証明書を発行した認証局の証明書」をブラウザが確認することで、安全な通信を確保します。

「サーバ証明書」は利用しているサービスを提供しているサーバが、正しくその団体(小鹿野町)のものであることを証明します。

また「サーバ証明書を発行した認証局の証明書」は前記の証明書が正当な認証局から発行されたことを証明します。



証明書の登録について
 小鹿野町は上記の証明書について「LGPKI」の仕組みを利用しています。

LGPKIにおいては財団法人地方自治情報センター(LASDEC)が認証局となり、証明書を発行しています。

実際にSSLによって通信を行うときは、お使いのブラウザに「サーバ証明書」か「サーバ証明書を発行した認証局の証明書」が登録(インストール)されている必要があります。

登録を行うと、当町ホームページのほか、他の地方公共団体のホームページにおいて同じようにLGPKIを利用している場合もSSLが利用できるようになります。



証明書の登録(インストール)方法

インターネットエクスプローラーの場合

Windows のバージョンが XP (または  2003server)の場合

自動的にインストールされます。ただし、2006年9月1日から8日までの間にインストールされた証明書は、削除してください。
詳細はマイクロソフト社のページ「Windows(R) Updateによる電子政府システム向けルート証明書の配信を開始」をご参照下さい。

Windows のバージョンが 2000 の場合

Windows Updateサイトへアクセスし、ダウンロードしインストールしてください。
詳細はマイクロソフト社のページ「Windows(R) Updateによる電子政府システム向けルート証明書の配信を開始」をご参照下さい。

Windows のバージョンが Me、98 以前の場合

証明書をダウンロードしてインストールしてください。

詳細は「LGWANにおける地方公共団体組織認証基盤」のページをご参照下さい。