○小鹿野町地域おこし協力隊設置規則

平成29年1月25日

規則第1号

(設置)

第1条 人口減少及び高齢化が進行する本町において、都市住民等を受け入れ、地域の活性化に必要な施策を推進するとともに、当該地域への定住及び定着を促進するため、地域おこし協力隊推進要綱(平成21年3月31日付け総行応第38号総務事務次官通知)に基づき、小鹿野町地域おこし協力隊(以下「協力隊」という。)を設置する。

(身分)

第2条 協力隊の隊員(以下「隊員」という。)は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

(隊員の資格)

第3条 隊員となることができる者は、次に掲げる要件を全て満たす者とする。

(1) 地域おこし協力隊推進要綱に定める対象に該当する者

(2) 任用の日において、20歳以上の者

(3) 心身ともに健康で、地域活性化等の活動に意欲と熱意を有し、積極的に活動できる者

(4) 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない者

(5) 普通自動車運転免許を有している者

(隊員の任用等)

第4条 隊員は、前条の資格を有する者のうちから町長が任用する。

2 隊員の任用期間は、1年以内とし、任用の日から当該任用の日の属する年度の3月31日までとする。この場合において、町長は、当該隊員の任用期間を任用の日から3年を超えない範囲で更新することができる。

3 隊員は、任用された後、直ちに本町に住所を定めなければならない。

4 町長は、隊員が次の各号のいずれかに該当する場合は、当該隊員を解任することができる。

(1) 法令若しくはこの規則の規定に違反し、又は隊員活動を怠ったとき。

(2) 心身の故障のため、隊員活動の遂行に支障があり、又はこれに堪えないとき。

(3) 自己の都合により退任の申出をしたとき。

(4) 隊員活動に必要な適格性を欠くとき。

(5) 隊員としてふさわしくない非行のあったとき。

(6) 町と協議することなく、住民票を異動(町内の異動を除く。)したとき。

(隊員の活動)

第5条 隊員は、次に掲げる活動を行うものとする。

(1) 農林漁業の振興に関する活動

(2) 観光の振興に関する活動

(3) 地域行事、コミュニティ活動その他の地域おこしの支援活動

(4) SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)等を活用した情報発信に関する活動

(5) 地域資源の発掘及び活用に関する活動

(6) 移住、定住及び地域間交流の促進に関する活動

(7) その他町の振興及び活性化に資するもので、町長が必要と認める活動

(遵守事項)

第6条 隊員は、その職務を遂行するに当たっては、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 住民その他関係者との信頼関係の保持に努めること。

(2) 活動に従事するときは、身分証明書(様式第1号)を常に携帯し、関係者からの求めに応じ、これを提示すること。

(3) 毎月5日までに地域おこし協力隊活動報告書(様式第2号)を作成し、前月分の活動内容を町長に報告すること。

(4) 毎年度末までに当該年度の地域おこし協力隊実績報告書(様式第3号)を作成し、関係書類を添えて、町長へ提出すること。

(5) その他活動内容について、町長に報告すること。

2 前項に定めるもののほか、隊員の服務については、地方公務員法第30条、第32条及び第33条の規定を準用する。

(報酬等)

第7条 隊員の報酬及び費用弁償は、小鹿野町特別職の職員で非常勤のものの報酬に関する条例(平成17年小鹿野町条例第42号)の定めるところによる。

2 隊員の住居に関する費用は、月額5万円を上限に町が補助する。

3 隊員の活動に必要と認められる車両、物品等は、町がこれを貸与し、又は予算の範囲内で支給する。

4 第2項の規定にかかわらず、町長が特に必要があると認めたときは、予算の範囲内において、負担する額を増額することができる。

(勤務条件等)

第8条 隊員の勤務日は、1週間につき5日とする。ただし、公務上特に必要があると認められる場合は、4週間を平均し、1週間の勤務日が5日を超えない範囲内で定めることができる。

2 隊員の勤務時間は、午前8時30分から午後8時30分までの間とし、1週間につき38時間45分とする。ただし、公務上特に必要と認められる場合は、4週間を平均し、1週間の勤務時間が38時間45分を超えない範囲内で定めることができる。

3 隊員の休憩時間は、正午から午後1時までとする。ただし、公務上特に必要と認められる場合は、別に定めることができる。

(公務災害補償)

第9条 隊員の公務上の災害又は通勤による災害に対する補償は、小鹿野町の議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成17年小鹿野町条例第38号)の定めるところによる。

(副業の届出)

第10条 隊員は、活動の妨げにならない範囲において、本町に定住するために、地域おこしの延長又は他の営利活動により、町が支給する報酬以外の収入を得ようとする場合には、町長にあらかじめ届け出なければならない。

(守秘義務)

第11条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。また、その職を退いた後も同様とする。

(町の役割)

第12条 町は、隊員の活動が円滑に実施できるよう、次に掲げる事項を行うものとする。

(1) 隊員の活動に関する総合調整

(2) 隊員が活動を行う地域との調整及び住民への周知

(3) 隊員の活動終了後の定住支援

(4) その他協力隊の活動に関して必要な事項

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、隊員の活動に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

小鹿野町地域おこし協力隊設置規則

平成29年1月25日 規則第1号

(平成29年1月25日施行)