○小鹿野町マイホーム取得奨励金交付要綱

平成28年3月18日

告示第11号

(趣旨)

第1条 この告示は、子育て中の世帯が自ら居住する住宅(中古住宅を除く。)を取得した場合に助成することにより、定住の促進及び住宅関連業種の活性化を図るため、奨励金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(奨励金の交付対象)

第2条 奨励金の交付対象は、次の各号に掲げるいずれの事項にも該当するものとする。

(1) 子育て中の世帯(夫婦及び住宅を取得した年度において満15歳以下の当該夫婦の子どもで構成する世帯)であること。

(2) 世帯全員が取得した住宅に住所を設定し、現に居住を開始していること。

(3) 小鹿野町定住促進条例(平成17年小鹿野町条例第182号)に規定する奨励金の交付対象に該当しないこと。

(4) 取得した住宅が地方税法(昭和25年法律第226号)第341条第3号に規定する家屋のうち、一戸建ての専用住宅又は併用住宅であること。

(5) 町税等(国民健康保険税を含む。以下同じ。)の未納がないこと。

(奨励金の額)

第3条 奨励金の額は、町内に住所を有する建設業者が当該住宅の建築を行った場合は20万円、町外の建設業者である場合は10万円とする。

(交付の申請)

第4条 奨励金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、住宅の取得後6箇月以内にマイホーム取得奨励金交付申請書(様式第1号)に次の各号に掲げる書類を添えて町長に申請しなければならない。

(1) 世帯全員の住民票及び戸籍謄本

(2) 町税等に係る納税証明書。ただし、住民税賦課期日後に転入した場合は、転入前の市区町村の住民税に係る納税証明書

(3) 当該住宅に係る建築請負契約書又は売買契約書の写し

(4) 当該住宅に係る全部事項証明書(登記簿謄本)

(5) その他町長が必要と認めた書類

(交付の決定)

第5条 町長は、前条に規定する申請があったときは、その内容を速やかに審査し、申請内容が適正であると認めた場合は、マイホーム取得奨励金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(奨励金の交付請求)

第6条 前条に規定する奨励金の交付決定通知を受けた申請者(以下「交付対象者」という。)は、奨励金の交付請求を行うときは、マイホーム取得奨励金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(奨励金の交付)

第7条 町長は、前条の規定による請求があったときは、その内容を速やかに審査し、請求内容が適正であると認めた場合は、マイホーム取得奨励金交付通知書(様式第4号)により通知するとともに、当該会計年度内に奨励金を交付するものとする。

(実態調査等)

第8条 町長は、奨励金を適正に交付するために必要と認めた場合は、申請者若しくは交付対象者に対し報告を求め、又は必要な調査を行うものとする。

(奨励金の交付決定の取消及び返還)

第9条 町長は、交付対象者が偽りその他不正な手段により奨励金の交付を受けたとき、その他相当の理由があると認めたときは、奨励金の交付決定を取り消すことができる。

2 町長は、前項の規定により奨励金の交付決定を取り消したときは、既に交付した奨励金の全部又は一部について、交付対象者に対し期限を定めて請求し、返還させることができる。

3 前項の規定により奨励金の返還請求を受けた交付対象者は、当該奨励金を町長が定める期限までに返還しなければならない。

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示は、平成28年度については、4月以降の住宅取得分から適用する。

画像

画像

画像

画像

小鹿野町マイホーム取得奨励金交付要綱

平成28年3月18日 告示第11号

(平成28年4月1日施行)