○小鹿野町有害鳥獣防護柵等設置費補助金交付要綱

平成27年5月26日

告示第39号

(趣旨)

第1条 この告示は、農作物を有害鳥獣から守り、生産性を高めるために電気柵及び防護柵等を設置した農業者に対し、予算の範囲内において補助することに関し必要な事項を定めるものとする。

2 前項の補助金の交付に関しては、小鹿野町補助金等の交付手続き等に関する規則(平成17年小鹿野町規則第43号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象)

第2条 補助の対象となる事業は、町内に住所を有し、自ら農業等を行っている者で、現に鳥獣から被害を受け、又は鳥獣から被害を受けるおそれのある者が、町内の農地に電気柵及び防護柵等を共同又は個人で設置した経費とする。

2 前項の規定にかかわらず、町税を滞納している者は、補助金を受けることはできない。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、前条に規定する経費の8割(100円未満を切り捨てて得た額)以内とし、5万円を限度とする。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、小鹿野町有害鳥獣防護柵等設置費補助金交付申請書(様式第1号)により、次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 資材等購入明細書

(2) 領収書

(3) 防護柵等を設置した場所の状況写真

2 前項の申請は、電気柵及び防護柵を設置した年度内に一度だけ申請できるものとする。

(補助金の交付決定)

第5条 町長は、前条の規定により申請書を受理し、補助金を交付すべきものと認めたときは、小鹿野町有害鳥獣防護柵等設置費補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第6条 町長は、補助金の交付を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) この告示に違反したとき。

(2) 補助金を目的外に使用したとき。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成27年6月1日から施行する。

(小鹿野町鳥獣害防止対策用防護ネット等補助金交付要綱の廃止)

2 小鹿野町鳥獣害防止対策用防護ネット等補助金交付要綱(平成17年小鹿野町告示第63号)は廃止する。

画像

画像

小鹿野町有害鳥獣防護柵等設置費補助金交付要綱

平成27年5月26日 告示第39号

(平成27年6月1日施行)