○小鹿野町子育て支援金支給条例

平成27年3月13日

条例第2号

(目的)

第1条 この条例は、子育て支援金(以下「支援金」という。)を支給することにより、次世代を担う児童の健全育成と子育て家庭の経済的負担を軽減し少子化対策を図ることを目的とする。

(受給資格)

第2条 支援金の受給資格を有する者(以下「受給資格者」という。)は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 子の出生日において住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)により本町に記録されている者

(2) 出産により子の父若しくは母となった者又は出生した子を養育する父母がいない場合においては当該子を養育する者

(支援金の額)

第3条 支援金の額は、次のとおりとする。

(1) 第1子及び第2子 5万円

(2) 第3子以降 15万円

(申請)

第4条 受給資格者は、規則で定めるところにより、必要な事項を町長に申請しなければならない。

2 前項に規定する申請は、出生の日から1年以内に行わなければならない。

(支給の決定及び時期)

第5条 町長は、前条に規定する申請に基づき、支給の可否及び支給日を決定する。

(資格の喪失)

第6条 受給資格者又は出生した子が出生日から申請日までに本町の住民でなくなったときは、支援金の受給資格を失う。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(小鹿野町出産褒賞金贈与条例の廃止)

2 小鹿野町出産褒賞金贈与条例(平成17年小鹿野町条例第114号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この条例の施行の日前に出生した子については、なお従前の例による。

附 則(平成29年3月10日条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に出生した子については、なお従前の例による。

小鹿野町子育て支援金支給条例

平成27年3月13日 条例第2号

(平成29年4月1日施行)