○小鹿野町立幼稚園延長預かり保育の実施に関する規則

平成23年3月29日

教育委員会規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、小鹿野町立幼稚園延長預かり保育条例(平成23年小鹿野町条例第1号)第7条の規定に基づき、延長預かり保育の実施に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(運営管理)

第2条 延長預かり保育の定員は、幼稚園の運営状況等を考慮して園長が定める。

2 幼稚園入園当初の延長預かり保育は、必要に応じて慣らし保育の期間を設けることができるものとする。

3 当該園児の病児保育は行わないものとする。

(実施する日)

第3条 延長預かり保育は、次に掲げる日を除き実施する。

(1) 土曜日、日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)

2 前項の規定にかかわらず、教育長が必要と認める日については、延長預かり保育を実施し、又は実施しないことができる。

(実施時間)

第4条 延長預かり保育の実施時間は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、特別の事情が認められるときは、教育長は、この時間を変更することができる。

(1) 教育課程が行われる日 幼稚園降園時間から午後4時30分まで。

(2) 教育課程が行われない日 午前8時30分から午後4時30分まで。

(保育料等)

第5条 延長預かり保育の保育料の上限額は、月額利用料を上限とする。

2 延長預かり保育に必要な教材費、その他実費相当額を保護者から徴収することができる。

(編制)

第6条 延長預かり保育の編制は異年齢編制とする。

(保護者の責務)

第7条 延長預かり保育を利用する保護者は、責任をもって当該園児の送迎を行わなければならない。

(利用手続き等)

第8条 延長預かり保育の利用を希望する保護者は、小鹿野町立幼稚園延長預かり保育利用申請書(様式第1号)を小鹿野町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出し、許可を受けなければならない。

2 前項の規定に基づく申請は、利用希望日のおおむね1箇月前までにしなければならない。

3 教育委員会は、前項の申請があった時は速やかに審査し、小鹿野町立幼稚園延長預かり保育決定通知書(様式第2号)又は小鹿野町立幼稚園延長預かり保育不許可通知書(様式第3号)により、保護者に通知するものとする。

4 前項の延長預かり保育の決定を受けた者は、就労状況等に異動があったときは、速やかに小鹿野町立幼稚園延長預かり保育(変更・中止)届(様式第4号)によりその旨を届け出なければならない。

5 延長預かり保育の許可決定後において、申請内容と実態が異なる場合は、延長預かり保育の許可を取り消すことができるものとする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

小鹿野町立幼稚園延長預かり保育の実施に関する規則

平成23年3月29日 教育委員会規則第2号

(平成23年4月1日施行)