○小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金交付要綱

平成22年2月2日

告示第3号

(趣旨)

第1条 この告示は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条第8項に規定する短期入所の事業に伴う送迎サービスの実施にあたり費用の一部を補助することにより、事業の円滑な施行を図るとともに障害者及びその家族の地域での自立した生活を推進するため、短期入所の事業に伴う送迎サービスを行う事業者に対し、補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。

(交付の対象)

第2条 補助金の交付対象は、埼玉県短期入所送迎促進事業実施要綱(平成21年障支第476号)第8条の規定により事業の承認を受けた者(以下「事業者」という。)とする。

(補助金の額)

第3条 補助金は、町が支給決定をした利用者1人あたり片道1,860円に利用回数を乗じて得た額とする。

(交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする事業者は、小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金交付申請書(様式第1号)により町長に申請するものとする。

(交付決定)

第5条 町長は、前条の申請を受けたときは、その内容を審査し、補助金の交付を決定したときは、小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金交付決定通知書(様式第2号)により事業者に通知するものとする。

(交付方法)

第6条 前条の交付決定通知を受けた事業者から、請求を受けたときは、速やかに審査のうえ、事業者に補助金を交付するものとする。

(変更申請)

第7条 事業者は、申請額に変更が生じたときは、小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金変更交付申請書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請を受けたときは、その内容を審査し、補助金の額の変更を決定したときは、小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金変更交付決定通知書(様式第4号)により、事業者に通知するものとする。

(実績報告)

第8条 事業者は、補助事業の完了後速やかに小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金実績報告書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

2 前項の規定は、事業者が短期送迎促進事業を中止又は廃止する場合においても準用する。

(補助金の確定)

第9条 町長は、前条の規定による報告を受けたときは、その内容を審査し、補助金額を確定するときは、小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金交付確定通知書(様式第6号)により事業者に通知するものとする。

(書類の保管)

第10条 事業者は、この補助金にかかる帳簿を備え、かつ、当該収入及び支出等についての証拠書類を保管しなければならない。

2 前項に規定する帳簿及び証拠書類は、補助金の交付決定にかかる会計年度の翌会計年度から5年間保管しなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成25年3月21日告示第25号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

小鹿野町短期入所送迎促進事業費補助金交付要綱

平成22年2月2日 告示第3号

(平成25年4月1日施行)