○小鹿野町ペット霊園の設置等に関する条例施行規則

平成22年3月19日

規則第3号

(事前協議)

第2条 条例第5条第1項に規定する協議書は、小鹿野町ペット霊園設置等許可事前協議書(様式第1号)とする。

2 前項の協議書には、協議事項について町長が必要と認める書類を添付しなければならない。

3 第1項の協議書の提出は、条例第9条第1項に規定する小鹿野町ペット霊園設置等許可・変更許可申請書(以下「申請書」という。)を提出しようとする日の120日前までに行わなければならない。

(標識の様式等)

第3条 条例第6条第1項に規定する標識は、ペット霊園の設置等の計画標識(様式第2号)とする。

2 標識の設置位置は、ペット霊園の敷地が道路に接する部分(当該敷地が2以上の道路に接するときは、それぞれの道路に接する部分)の地面から標識の下端までの高さがおおむね1メートルとなる位置とする。

3 標識の設置期間は、条例第9条第1項に規定する申請書を提出しようとする日の少なくとも90日前から工事が完了した日までとする。

4 設置者等は、標識の記載事項がその設置期間中不鮮明とならないように、これを維持管理しなければならない。

(標識の設置届)

第4条 条例第6条第2項の規定による届出は、標識を設置した日から7日以内に、標識設置届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(標識の記載事項の変更)

第5条 設置者等は、ペット霊園に係る計画を変更したときは、速やかに、標識の当該記載事項を訂正し、かつ、その旨を町長に届け出なければならない。

2 前条の規定は、前項の規定による届出について準用する。

(説明すべき計画の内容)

第6条 条例第7条第1項の規定による説明すべき計画の内容は、次に掲げる事項とする。

(1) ペット霊園の設置をしようとする者に関すること。

(2) 敷地の所在地、地態、規模及び土地利用計画に関すること。

(3) 施設及び設備の内容並びにこれらの設計者に関すること。

(4) 工事に係る工期、工法及び作業方法並びに施工者に関すること。

(5) 事業内容に関すること。

(6) 周辺の生活環境に及ぼす影響及びその対策に関すること。

(7) 条例第8条第1項に規定する意見の申出の期間及び方法に関すること。

(8) その他ペット霊園の計画に関すること。

(説明会等の履行期限等)

第7条 条例第7条第1項の規定による近隣住民等への説明は、標識を設置した日から20日以内に説明会により行うものとする。

2 設置者等は、前項の説明会を開催した日から10日までの間、当該説明会に出席できなかった近隣住民等からの説明の申出(口頭によることができるものとする。)を受けなければならない。

3 前項の申出をした近隣住民等への説明は、当該申出のあった日から15日以内に行わなければならない。

(計画を変更した場合における説明)

第8条 設置者等は、第6条に掲げる計画の内容を変更したときは、当該計画の内容を変更した日から10日以内に、変更内容を近隣住民等に説明しなければならない。

(説明会等の報告)

第9条 条例第7条第2項の規定による報告は、説明を行った日から7日以内に説明報告書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(近隣住民等との協議)

第10条 条例第8条第1項に規定する規則で定める期間は、条例第9条第1項に規定する申請書を提出しようとする日の30日前までとする。

2 条例第8条第1項に規定する申出は、意見書(様式第5号)を設置者等に提出して行わなければならない。

3 前項の意見書の提出があったときは、提出のあった日から10日以内に協議を開始しなければならない。

4 条例第8条第3項の規定による報告は、協議を行った日から7日以内に協議報告書(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

(許可の申請)

第11条 条例第9条第1項(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)に規定する申請は、小鹿野町ペット霊園設置等許可・変更許可申請書(様式第7号)とする。

2 条例第9条第2項(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)に規定する規則で定める書類は、次に掲げるものとする。

(1) 法人の登記事項証明書又は法人の登記簿謄本(設置者が個人の場合にあっては、住民票の写し)

(2) ペット霊園に係る土地の登記事項証明書及び公図の写し

(3) ペット霊園の設置をしようとする敷地の境界から500メートル以内の詳細図

(4) 条例第10条第1項第2号の同意及び第13条第1項第1号ただし書きの同意を得ていることを証明する書類

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める書類又は図面

(許可及び不許可の通知)

第12条 条例第9条第3項(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)の規定による処分の決定通知は、小鹿野町ペット霊園設置等許可・変更許可(不許可)決定通知書(様式第8号)とする。

(許可の基準)

第13条 条例第10条第1項第1号(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)に規定するペット霊園の設置場所は、次に掲げる基準に適合するものであること。

(1) 公園、学校、保育所、病院その他の公共施設及び住宅の敷地の境界からペット霊園の設置をしようとする敷地の境界までが、焼却炉の設備を有するペット霊園にあっては300メートル以上、それ以外のペット霊園にあっては100メートル以上離れていること。ただし、住宅の場合にあっては、当該住宅に居住する世帯の代表者の全員の同意を得たときは、この限りでない。

(2) その他公衆衛生上支障のない土地であること。

2 条例第10条第1項第3号(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)に規定する規則で定める基準は、次のとおりとする。

(1) ペット霊園の境界には、その内側に幅3メートル以上の緑地帯を設け、かつ、障壁又は密植したかん木の垣根等を設けること。

(2) ペット霊園の出入り口には、門扉を設けること。

(3) ペット霊園には、ごみ処理のための施設及び駐車場を設けること。

(4) ペット霊園内には、雨水又は汚水が停留しないように、適当な排水路を設けること。

(5) 焼却炉の設置には、防臭、防じん及び防音について十分な能力を有する装置を設けること。

(6) 焼却炉の排出ガスに含まれるダイオキシン類の量は、1立方メートルにつき5ナノグラム以下であること。

(7) その他町長が必要と認める事項

(完了の届出)

第14条 条例第11条(条例第13条第2項において準用する場合を含む。)の規定による届出は、小鹿野町ペット霊園設置等(変更)工事完了届(様式第9号)とする。

(工事完了検査済証)

第15条 条例第12条第1項の規定による交付は、小鹿野町ペット霊園設置等(変更)工事完了検査済証(様式第10号)とする。

(変更の届出)

第16条 条例第13条第1項の規定による届出は、小鹿野町ペット霊園変更届(様式第11号)とする。

(管理者)

第17条 設置者は、条例第14条第1項の規定により維持管理を適正に行うため管理者を置かなければならない。

2 前項の管理者を置いた場合又は管理者を変更した場合は、小鹿野町ペット霊園管理者選定・変更届出書(様式第12号)により町長に届け出るものとする。

(地位の承継の届出)

第18条 条例第15条第2項の規定による届出は、小鹿野町ペット霊園地位承継届(様式第13号)とする。

(中止及び廃止の届出)

第19条 条例第16条の規定による中止又は廃止の届出は、小鹿野町ペット霊園設置工事中止・廃止届(様式第14号)とする。

(改善命令等)

第20条 条例第18条第1項の規定による改善勧告は、小鹿野町ペット霊園設置改善勧告書(様式第15号)により行うものとする。

2 条例第18条第2項の規定による改善命令は、小鹿野町ペット霊園設置改善命令書(様式第16号)により行うものとする。

(許可の取消し)

第21条 町長は、条例第19条の規定により許可を取り消したときは、その旨を小鹿野町ペット霊園設置許可取消通知書(様式第17号)により通知するものとする。

(使用禁止命令)

第22条 条例第20条の規定による使用禁止命令は、小鹿野町ペット霊園使用禁止命令書(様式第18号)により行うものとする。

(雑則)

第23条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月28日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前にされた行政庁の処分、その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小鹿野町ペット霊園の設置等に関する条例施行規則

平成22年3月19日 規則第3号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第5章 生/第3節 墓地・火葬場
沿革情報
平成22年3月19日 規則第3号
平成28年3月28日 規則第10号