○小鹿野町フレンドリー相談員設置要綱

平成19年2月26日

教育委員会訓令第4号

(趣旨)

第1条 いじめ・不登校等児童生徒の心の問題の重要性にかんがみ、児童生徒・保護者との相談等に応じるとともに、学校・家庭・地域社会との連携を図るため、フレンドリー相談員(以下「相談員」という。)を設置し、もって健全な児童生徒の育成を図る。

(定義)

第2条 この要綱において、相談員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第2項に規定する職にある者とする。

(設置者)

第3条 設置者は、小鹿野町教育委員会とする。

(任用)

第4条 小鹿野町教育委員会教育長は、その所管に属する町立中学校(以下、「配置校」という。)に相談員を配置する。

2 小鹿野町教育委員会教育長は、相談員を任命する。

3 任期は、1年以内の期間とする。

4 満65歳に達した場合は、小鹿野町教育委員会教育長が特に必要と認める者を除き、任用できないものとする。

5 小鹿野町教育委員会教育長が特に必要と認める者を除き、1校において5年度を超えて任用できないものとする。

(身分)

第5条 相談員は、小鹿野町教育委員会の非常勤職員の身分を有するものとする。

(服務)

第6条 相談員の服務の監督は、小鹿野町教育委員会が行う。

(業務)

第7条 相談員は、配置校の長の指揮監督のもと、次の業務を行うものとする。

(1) 児童生徒との相談・援助に関すること。

(2) 教職員との連携に関すること。

(3) 学校・家庭・地域との連携に関すること。

(4) その他、いじめ・不登校等への対応に関すること。

(勤務日等)

第8条 勤務日は、学校職員の勤務日と同日とし、勤務時間は、1日につき5.5時間とする。

2 勤務日及び勤務時間の割振りは、配置校の長が定めるものとする。

(賃金及び旅費等)

第9条 相談員の賃金及び旅費等は、町が負担するものとする。

2 相談員の賃金等の額は、別に定める。

(休暇)

第10条 相談員の休暇は、小鹿野町臨時職員等取扱要綱(平成17年小鹿野町訓令第30号)の規定によるものとする。

(免職)

第11条 相談員が、次の各号のいずれかに該当する場合は、任用期間中であっても相談員の職を解くことができるものとする。

(1) 勤務成績が良好でない場合

(2) 心身の故障のため勤務の遂行に支障がある場合

(3) 前2号に規定する場合のほか、その職に必要な適格性を欠く場合

(4) 刑事事件に関し起訴された場合

(5) 予算の減少による過員又は配置の必要がなくなった場合

(6) 第6条の規定に著しく違反した場合

(退職)

第12条 相談員は、任用期間の満了により退職するものとする。

2 相談員は、任用期間満了前に、願いにより退職することができる。

(その他)

第13条 この訓令に係る事務は、小鹿野町教育委員会が掌理する。

2 この訓令に定めるもののほか、相談員の設置について必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

小鹿野町フレンドリー相談員設置要綱

平成19年2月26日 教育委員会訓令第4号

(平成19年4月1日施行)