○小鹿野町職員の時差勤務制に関する要領

平成17年10月1日

訓令第67号

(趣旨)

第1条 公務能率及び町民サービスの向上を図るとともに、職員の時間外労働の減少や財政負担の軽減を図るため、職員の時差勤務制に関する必要な事項を定めるものとする。

(対象職員)

第2条 時差勤務の対象となる職員(以下「対象職員」という。)は、小鹿野町一般職職員の給与に関する条例(平成17年小鹿野町条例第48号。以下「条例」という。)が適用される常勤の職員とする。

(指定権者)

第3条 時差勤務の指定を行う者(以下「指定権者」という。)は、対象職員の所属長とする。

(勤務時間等)

第4条 対象職員の勤務時間は、午前7時から午後10時までの間の連続する7時間45分とし、休憩時間は指定権者が、業務の状況に応じて定めるものとする。

(勤務の指定等)

第5条 指定権者は、指定を行うに当たっては、業務の円滑な執行に支障のないよう配慮するものとする。

2 指定権者は、時差勤務指定簿(別紙様式)により、指定を行おうとする日の1週間前までに時差勤務の指定を行い、対象職員に明示するものとする。ただし、公務の運営上、特に必要と認められる場合は、この限りでない。

(時差勤務指定報告)

第6条 指定権者は、時差勤務の指定を行った時は、時差勤務指定簿の写しにより、指定した月の翌月10日までに総務課長に報告するものとする。ただし、両神庁舎に勤務する職員については、おもてなし課長を経由して報告するものとする。

(その他)

第7条 その他必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成20年1月16日訓令第2号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月24日訓令第6号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月19日訓令第5号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月16日訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日訓令第7号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

画像

小鹿野町職員の時差勤務制に関する要領

平成17年10月1日 訓令第67号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第67号
平成20年1月16日 訓令第2号
平成20年3月24日 訓令第6号
平成22年3月19日 訓令第5号
平成23年3月16日 訓令第3号
平成26年3月31日 訓令第7号