○小鹿野町街なみ修景整備事業補助金交付要綱

平成17年10月1日

告示第75号

(趣旨)

第1条 町は、歴史と風土を生かした景観整備を図るため、補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)が行う建造物の新築、改築及び修景施設の整備に要する経費について、当該申請者に対し、予算の範囲内において街なみ修景整備事業補助金を交付するものとし、その交付等に関しては、小鹿野町補助金等の交付手続等に関する規則(平成17年小鹿野町規則第43号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(交付対象等)

第2条 街なみ修景整備事業補助金の交付対象となる経費及び補助率は、別表のとおりとする。

2 申請者が過去にこの補助金の交付を受けたことがある場合は、この補助金の交付を受けた年度から概ね10年の経過を要するものとする。

(計画概要書の届出)

第3条 申請者は、事業実施前3箇月前までに街なみ修景整備事業概要書(様式第1号。以下「計画概要書」という。)を町長に提出しなければならない。

(審査結果の通知)

第4条 町長は、計画概要書の提出を受けたときは、審査の上、その結果について申請者に街なみ修景整備事業について(様式第2号)により通知しなければならない。

(交付の申請)

第5条 補助金の交付申請の様式は、小鹿野町補助金等交付要綱(平成17年小鹿野町告示第5号)に定めるものとし、その提出期限は、前条の通知の日から30日以内とする。

(事業計画の変更等)

第6条 申請者は、計画について変更又は中止若しくは廃止をするときは、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の街なみ修景整備事業補助金交付要綱(平成6年小鹿野町告示第12号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成23年6月1日告示第35号)

この告示は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

別表(第2条関係)

交付対象となる経費

補助率

①門、へい等の移設に要する経費

②住宅等の新築、増築、改築及び修繕の際の外観に係る経費

③門、へい等の外構修景整備に要する経費

④その他町長が必要と認めた経費

200万円又は1/2のいずれかの少ない額

画像

画像

小鹿野町街なみ修景整備事業補助金交付要綱

平成17年10月1日 告示第75号

(平成23年6月1日施行)