○小鹿野町両神振興会館条例施行規則

平成17年10月1日

規則第119号

(趣旨)

第1条 この規則は、小鹿野町両神振興会館条例(平成17年小鹿野町条例第153号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用許可)

第2条 小鹿野町両神振興会館(以下「会館」という。)を利用しようとする者は、町長に対して、その旨を記載した利用願を提出し、許可を受けなければならない。

(遵守事項)

第3条 会館の利用に当たっては、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火気には十分注意し、特に喫煙には灰皿を使用し、廊下等では絶対に喫煙してはならない。

(2) 施設、設備、器具等は、丁寧にこれを取り扱い、き損のないよう注意すること。

(3) 電気、ガス、水道等は、必要以上に使用しないこと。

(4) アンプ、マイク、ステレオ等を使用する場合は、使用願にその旨を記載し、使用方法等について指示を受けること。

(5) 料理講習等により、生活改善実習室を利用する場合は、利用願にその旨を記載し、利用方法等について指示を受けること。

(6) 会館内において酒類を使用する場合は、使用願にその旨を記載し、使用後の始末は利用者において責任をもって行うこと。

(利用時間)

第4条 会館の利用時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、特に理由があるときは、町長にその旨を申し出て事前に許可を受けなければならない。

(休館日)

第5条 会館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで(前項に掲げる日を除く。)

2 町長が必要があると認めたときは、前項の休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(使用料)

第6条 使用料については、条例第10条に規定する別表による料金表によって徴収する。ただし、町内各種団体が利用する場合は、使用料は免除することができる。

(原状回復)

第7条 会館の利用者は、利用後、後片付けをし、清掃、戸締等を行い、係員に利用済を報告しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の両神村振興会館利用規則(昭和49年両神村規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

小鹿野町両神振興会館条例施行規則

平成17年10月1日 規則第119号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 林/第1節
沿革情報
平成17年10月1日 規則第119号