○小鹿野町検診等実費徴収規則

平成17年10月1日

規則第105号

(趣旨)

第1条 この規則は、小鹿野町が実施する検診等を受ける場合の実費の徴収に関し必要な事項を定めるものとする。

(実費額)

第2条 実費を徴収する検診等の種類及び金額は、次のとおりとする。

(1) 胃がん検診 1件につき 900円

(2) 子宮頸部がん検診 1件につき 800円

(3) 肺がん検診(喀痰検査) 1件につき 600円

(4) 乳がん検診 1件につき 1,200円

(5) 大腸がん検診 1件につき 400円

(6) 前立腺がん検診 1件につき 300円

(実費徴収の免除)

第3条 次に掲げる者は、実費を徴収しない。

(1) 満70歳(当該年度中に70歳に到達する者を含む。)以上の者又は満65歳以上満70歳未満の者で後期高齢者医療制度の被保険者

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯に属する者

(3) 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支給給付を受けている者

(実費の徴収時期)

第4条 実費は、受診のときに徴収する。

2 実費の納付後において、受診事項を変更し、又はこれを取り消した場合であっても、納付した実費は、還付しない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 第2条の規定は、平成18年度以後に実施する検診等に係る実費額について適用し、平成17年度までに実施した検診等に係る実費額については、なお合併前の小鹿野町検診等実費徴収規則(平成10年小鹿野町規則第4号)又は両神村保健関係検診等実費徴収規則(平成10年両神村規則第3号)(以下これらを「合併前の規則」という。)の例による。

3 この規則の施行の日の前日までに、合併前の規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成25年8月19日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行し、平成25年4月1日から適用する。だたし、第2条の規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年9月18日規則第30号)

この規則は、平成26年10月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日規則第12号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

小鹿野町検診等実費徴収規則

平成17年10月1日 規則第105号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第5章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成17年10月1日 規則第105号
平成25年8月19日 規則第15号
平成26年9月18日 規則第30号
平成29年4月1日 規則第12号