○小鹿野町敬老祝金支給条例

平成17年10月1日

条例第122号

(目的)

第1条 この条例は、町内に居住する高齢者に対し敬老の意を表し、長寿を祝福するため、敬老祝金を支給することを目的とする。

(支給対象者)

第2条 敬老祝金は、次に掲げる要件のいずれにも該当する者に支給する。

(1) 当該年度中において、80歳、90歳、100歳に達する者であること。

(2) 9月1日現在において、町内に引き続き1年以上居住し、かつ、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定による住民基本台帳に記載されている者であること。

(敬老祝金の額)

第3条 敬老祝金の額は、次のとおりとする。

(1) 80歳に達する者 20,000円

(2) 90歳に達する者 30,000円

(3) 100歳に達する者 50,000円

(支給の時期)

第4条 敬老祝金は、9月に支給するものとする。ただし、前条第3号に該当する者については、原則としてその支給年齢に達した日に支給するものとする。

(譲渡等の禁止)

第5条 敬老祝金を受ける権利は、他に譲渡し、又は担保に供することはできない。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日において、合併関係町村(合併前の小鹿野町又は両神村をいう。)に居住していた者で、この条例の施行の日以後引き続き本町に居住することとなるものに関する第2条第2号の規定の適用については、合併関係町村に居住していた期間を本町に居住していた期間とみなす。

小鹿野町敬老祝金支給条例

平成17年10月1日 条例第122号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 老人福祉
沿革情報
平成17年10月1日 条例第122号