○小鹿野町保育所入所選考委員会規程

平成17年10月1日

告示第9号

(設置)

第1条 この告示は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第24条の規定に基づく保育所に入所させる入所児童を選考するため、小鹿野町保育所入所選考委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第2条 委員会は、委員9人以内で組織する。

2 委員は、町長が次に掲げる者のうちから委嘱し、又は任命する。

(1) 民生児童委員

(2) 社会福祉協議会役員

(3) 福祉事務職員

(任期)

第3条 委員の任期は、3年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(会議)

第4条 委員会は、委員の3分の2以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

2 委員会は、委員の互選により委員長を選任し、委員長が議長となる。

3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名した委員が、その職務を代理する。

4 会議は、必要により委員長が招集する。

(入所選考基準)

第5条 入所選考基準は、別表のとおりとする。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、あらかじめ町長が任命した書記において処理する。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年12月18日告示第67号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月12日告示第100号)

この告示は、平成27年1月1日から施行する。

別表(第5条関係)

入所選考基準

保護者の状況(同居の親族その他の者が保育に当たれない場合)

番号

種型

細目

判定指数

居宅外労働

外勤、居宅外自営

1日8時間以上の勤務

10

1日6時間以上の勤務

7

1日4時間以上の勤務

4

就労先確定

既に外勤等勤務が内定したもの

4

就学

学校、職業訓練校

外勤等を準用

居宅内労働

居宅内自営

1日8時間以上の勤務

9

1日6時間以上の勤務

6

1日4時間以上の勤務

3

農業

日々農作業に従事しているもの

7

内職

1日8時間以上の勤務

6

1日4時間以上の勤務

3

出産

出産

出産前2箇月、後3箇月

10

疾病等

入院

おおむね1箇月以上の入院

10

居宅療養

疾病、負傷のためおおむね1箇月以上常時臥床

10

医師が長期加療(安静)を要すると診断したもの

8

医師がおおむね1箇月以上加療(安静)を要すると診断したもの

6

疾病は比較的軽症であるが定期的に通院等を要するもの

3

身体障害

1・2級

10

3級

7

4級以下

5

介護、看護

入院付添

おおむね1箇月以上の親族の入院の、付添に当たっているもの

10

居宅看護等

同居親族の長期居宅療養等介護に当たっているもの

8

心身障害者の介護、通園、通院、通学等に当たっているもの

9

同居の祖父母等、ねたきり老人の介護に常時当たっているもの

10

災害復旧

災害復旧

震災、風水害、火災等で家屋が失われ、災害の復旧に当たる場合

10

求職活動

求職活動

求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っていること

10

その他

町長が認める前各号に類する状態にあること。


調整基準

その他事情

世帯の特殊事情

ひとり親家庭

+5

生活保護家庭

+5

生活中心者の失業により、就労の必要性が高い場合

+5

育児休業後に復職し、又は復職する予定であること

+3

児童の状況等

虐待やDVのおそれがあり、社会的擁護が必要な場合

+5

子どもが障害を有する場合

+5

兄弟姉妹(多胎児を含む)が同一の保育所等の利用を希望する場合

+5

勤務状況

平均勤務日数月16日~13日

-1

〃     月12日以下

-2

その他

小規模保育事業など地域型保育事業の卒園児童

+5

養育困難な家庭等、地域、家庭の危険度及び経済的困窮

+1~5

祖父母の状況

65歳未満の同居している親族がいる(事由の項目に該当していない同居人に限る)

-3

兄弟、姉妹を、祖父母等の親族が保育

-3

小鹿野町保育所入所選考委員会規程

平成17年10月1日 告示第9号

(平成27年1月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年10月1日 告示第9号
平成18年12月18日 告示第67号
平成26年12月12日 告示第100号