○小鹿野町災害見舞金支給要綱

平成17年10月1日

告示第8号

(目的)

第1条 この告示は、被災者に対する見舞金の支給を行い、町民の福祉及び生活の安定に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 火災 火事により建物の滅失の被害が生ずることをいう。

(2) 災害 暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波その他異常な自然現象により被害が生ずることをいう。

(3) 町民 火災又は災害により被害を受けた当時、この町の区域内に住所を有した者をいう。

(見舞金の支給)

第3条 見舞金は、火災、災害その他町長が認めた災害の被災家屋居住者に対し、1世帯につき30,000円及び世帯人員1人当たり5,000円を支給する。

(対象物件)

第4条 前条の見舞金の支給対象物件は、住家のみとする。

(調査)

第5条 町長は、災害の発生を覚知した場合には、調査し、及び措置しなければならない。

(見舞金の不支給)

第6条 町長は、調査の結果、第3条の見舞金については、支給しないことができる。

(適用除外)

第7条 災害救助法(昭和22年法律第118号)の対象となった区域については、この告示を適用しないものとする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の両神村災害見舞金支給要綱(平成10年両神村要綱第5号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成28年3月29日告示第32号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

小鹿野町災害見舞金支給要綱

平成17年10月1日 告示第8号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成17年10月1日 告示第8号
平成28年3月29日 告示第32号