○小鹿野町不登校問題対応委員会設置要綱

平成17年10月1日

教育委員会訓令第15号

(設置)

第1条 小鹿野町教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、児童生徒の不登校問題等の解決を図るため、小鹿野町不登校問題対応委員会(以下「対応委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 対応委員会は、次の事項を所掌する。

(1) 不登校問題等解決のための研究と対策について

(2) 不登校問題等における幼稚園、小学校、中学校及び教育委員会の連携について

(3) 保護者、地域及び関係諸機関との協力及び連携について

(4) その他

(構成)

第3条 対応委員会に委員長、副委員長及び委員を置く。

2 委員長、副委員長は、委員の互選により選任する。

3 副委員長は、若干人置くことができる。

4 委員は、各学校長、養護教諭、指導主事等をもって構成する。

(任期)

第4条 委員の任期は、1年とする。

(会議)

第5条 委員長は、会議を招集し、主宰する。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

3 会議は、必要に応じて開催する。

(会議の公開)

第6条 対応委員会は、原則非公開とする。ただし、必要に応じて公開することができる。

(会議録)

第7条 委員長は、次に掲げる事項を記載した会議録を作成するものとする。

(1) 対応委員会の日時及び場所

(2) 出席及び欠席した委員の氏名

(3) 協議事項

(4) 議事の経過

(5) その他必要な事項

(庶務)

第8条 対応委員会の庶務は、小鹿野町教育委員会事務局において処理する。

(関係者の出席)

第9条 委員長は、必要があると認めたときは、関係者の出席を求めることができる。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、対応委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が対応委員会に諮って定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

小鹿野町不登校問題対応委員会設置要綱

平成17年10月1日 教育委員会訓令第15号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第15号