○小鹿野町学校教育生活指導補助員設置管理要綱

平成17年10月1日

教育委員会訓令第12号

(趣旨)

第1条 学校及び幼稚園に小鹿野町学校生活指導補助員(以下「学校生活指導補助員」という。)を置き、園児、児童等との様々なふれあいを通じて、学校生活の適応指導と学習支援の充実を図るものとする。

(任命)

第2条 学校生活指導補助員は、自己又は学校の推薦に基づき、小鹿野町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が選考し、任命する。

(任用期間)

第3条 配置は、4月1日から3月25日までの間とし、任用期間は、前期を4月1日から9月30日まで、後期を10月1日から3月25日までの各6月とする。ただし、継続性が必要な職務については再任用することができる。

(配置条件)

第4条 配置及び勤務条件は、次に掲げるものとする。

(1) 園児、児童等の学校生活の適応と学習への支援などが必要な幼稚園、学校へ配置する。

(2) 勤務時間の割振りは、当該園長又は学校長が定める。

(3) 勤務条件は、予算の範囲内で教育長が別に定める。

(業務内容)

第5条 業務内容は、次に掲げるものとする。

(1) 園児、児童等の学校生活での適応指導と学習指導等の支援

(2) 不登校傾向の園児、児童等への支援

(3) 5つのふれあい県民運動への支援

(4) 読書指導等の本とのふれあい推進への支援

(業務上の義務)

第6条 学校生活指導補助員は、その業務を遂行するに当たっては、校長の監督の下、業務上知り得た秘密を守り、誠実謙虚にこれに当たるものとする。

(解職)

第7条 学校生活指導補助員が、次の各号のいずれかに該当するときは、教育委員会は、その任期にかかわらず、これを解職することができる。

(1) 業務の遂行に支障があり、又はこれに耐えられない場合

(2) 業務を怠り、又は業務上の義務に違反した場合

(3) 学校生活指導補助員にふさわしくない非行のあった場合

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、学校生活指導補助員に関し必要な事項は、校長が定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日教委訓令第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

小鹿野町学校教育生活指導補助員設置管理要綱

平成17年10月1日 教育委員会訓令第12号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第12号
平成18年4月1日 教育委員会訓令第1号