○小鹿野町学校評議員設置要綱

平成17年10月1日

教育委員会訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、小鹿野町立小・中学校管理規則(平成17年小鹿野町教育委員会規則第9号)第19条の2の規定に基づき、小鹿野町立小中学校に置く学校評議員(以下「評議員」という。)の運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(職務等)

第2条 評議員は、校長の求めに応じて、教育活動の実施、学校と地域社会の連携の進め方等、校長の行う運営管理に関し、意見を述べ、助言を行う。

2 校長は、学校運営に関し、自己の権限と責任に属する事項のうち必要と認める事項について、評議員に意見又は助言を求めるものとする。

(構成及び委嘱)

第3条 学校に置く評議員の数は、次に掲げるとおりとする。

(1) 小学校に置く評議員の数は、5人以内とする。

(2) 中学校に置く評議員の数は、10人以内とし、原則として、小鹿野地区、長若地区、三田川地区、倉尾地区及び両神地区から2人ずつ選出する。

2 評議員は、当該学校の職員、児童又は生徒以外の者で、教育に関する理解及び識見を有するもののうちから、校長の推薦により、小鹿野町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱する。

(任期)

第4条 評議員の任期は、委嘱の日からその年度末までとする。ただし、年度の途中で欠けた場合には空席とする。

2 評議員は、再任されることができる。

3 教育長が特別の事情があると認めた場合には、任期満了前に評議員の委嘱を解くことができる。

(意見交換の機会の設定)

第5条 校長は、必要に応じて、評議員が一堂に会して意見を述べ、助言を行い、意見を交換する機会を設けることができる。

2 この会は、校長が主宰する。

3 評議員は、1人1人が個々の責任において意見を述べる。

4 評議員は、知り得た個人情報等の秘密を守る義務を有する。

5 校長は、意見交換があるときは、評議員以外の者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(運営)

第6条 評議員の運営は、校長の責任と権限において行うものとする。

(経費)

第7条 評議員に係る経費は、教育委員会からの配当予算によるものとする。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、評議員に関し必要な事項は、校長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際、合併前の小鹿野町又は両神村の評議員として委嘱されていた者は、その評議員として委嘱されていた任期の末日まで引き続き存任することができる。

附 則(平成28年3月25日教委訓令第4号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

小鹿野町学校評議員設置要綱

平成17年10月1日 教育委員会訓令第4号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第4号
平成28年3月25日 教育委員会訓令第4号