○小鹿野町庁議規程

平成17年10月1日

訓令第2号

(設置)

第1条 町の行政運営の基本方針を策定し、重要施策に関する事項を審議決定するとともに、各課等相互の総合調整を行うことにより、効率的かつ円滑な行政運営を図るため、庁議を置く。

(構成)

第2条 庁議は、町長、副町長及び教育長並びに各課長及び事務局長をもって組織する。

(開催期日)

第3条 庁議は、毎月1日に開催する。ただし、その日が町の休日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い町の休日でない日とする。なお、町長が必要と認めるときは、臨時に開催することができる。

第4条 庁議は、町長が主宰する。ただし、町長が不在のときは、副町長がその職務を代理する。

2 庁議の進行は、町長が行い、付議事件の説明は、副町長が行う。

(説明員の出席)

第5条 庁議の付議事件を説明させるため必要があるときは、主幹その他町長が必要と認める職員を出席させるものとする。

(付議事項)

第6条 庁議に付議する事件は、次のとおりとする。

(1) 町政全般に影響を生ずべき重要事務、事業の計画及びその処理方針について

(2) 各課等の間において総合調整を要する重要事項

(3) 町政の運営上、特に異例に属するもの又は先例として処理を要する事項

(4) 特に重要な対町民的行事に関する事項

(5) 特に町長から研究を求められた事項

(6) 庁議で審議決定した事項の執行管理について

(付議手続)

第7条 各課長及び事務局長は、所管事務のうち庁議に付議すべき議題があるときは、庁議開催の3日前までに副町長あて文書をもって付議要求しなければならない。ただし、急施を要するときの付議要求は、口頭又は庁議開催当日であっても行うことができる。

2 前項の付議要求には、その要旨及び資料(予算を伴うものにあっては、その説明書等)を添付しなければならない。

(庁議の記録及び決定通知)

第8条 副町長は、庁議の経過を記録し、保管しておかなければならない。

2 各課長及び事務局長は、庁議の決定事項については、職員に周知徹底を図らなければならない。ただし、機密に属する事項については、この限りでない。

(決定事項の執行)

第9条 庁議決定事項は、主管の課長又は事務局長が速やかに処理しなければならない。

2 課長及び事務局長は、庁議決定事項の執行状況につき、庁議に報告しなければならない。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成18年12月18日訓令第19号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月24日訓令第6号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

小鹿野町庁議規程

平成17年10月1日 訓令第2号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 町長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成17年10月1日 訓令第2号
平成18年12月18日 訓令第19号
平成20年3月24日 訓令第6号