ホームへ戻る
小鹿野町過疎地域自立促進計画を策定しました


 
小鹿野町過疎地域自立促進計画は、過疎地域自立促進特別措置法により、国が指定する要件に該当する旧両神村地区を対象に策定されました。旧両神村は、昭和45年より過疎地域の指定を受けており、これまでにも計画を策定し、過疎地域の自立促進に向けた事業を実施してまいりました。
 計画に記載された事業については、過疎対策事業債を充て、事業を実施することが出来ることとなっております。この計画は概ね5年ごとに見直しを行うこととなっており、前計画は平成28年3月までの計画期間でしたが、国において過疎地域自立促進特別措置法が5年間延長されたことに基づき、小鹿野町でも新たに平成32年までを期間とする計画を策定しました。

 計画策定の趣旨
旧両神村地区では、山村振興事業と相まって、交通通信体系の整備、教育文化施設の整備、生活環境の整備、産業の振興等が重点的に整備されてきました。しかし、今日に至っても非過疎地域との格差は依然として大きなものがあります。
そのため、諸問題を的確に捕らえた過疎地域自立促進計画を策定し、自立促進を図っていく必要があります。
 計画の構成は
計画の構成は以下の通りとなっています。

1.基本的な事項
2.産業の振興
3.交通通信体系の整備、情報化及び地域間交流の促進
4.生活環境の整備
5.保健・福祉の増進
6.医療の確保
7.教育の振興
8.地域文化の振興等
9.集落の整備
10.その他地域の自立促進に関し必要な事項
 計画の期間は
平成28年4月1日〜平成32年3月31日
 計画の詳細は
このページの右上にある「計画書ダウンロード」をクリックしてください。
なお、小鹿野町過疎地域自立促進計画はPDFファイルとなっています。閲覧するには、PDFファイルが閲覧可能なソフトが必要です。
 過疎地域自立促進計画に関するお問い合わせは・・・・
小鹿野町過疎地域自立促進計画に関するお問い合わせは
小鹿野町総合政策課 0494-75-1238(直通)へお願いいたします。


計画書の閲覧は
こちらから


PDFファイル(1.30MB)
Copyright(C) 2009 OGANO Town All Rights Reserved.