■位置 【小鹿野町役場 本庁舎】
東経:139度0分42秒
北緯: 36度0分51秒
標高:248.158m
■面積 総面積:171.26ku
■沿革
 小鹿野町は昭和30年4月1日に小鹿野町と長若村が合併、翌31年3月31日に小鹿野町と三田川村及び
倉尾村の1町2か村が合併。
 両神村は明治7年に薄村と白井差村が合併、明治22年4月1日に薄村と小森村が合併し両神村が誕生。
 平成17年10月1日に小鹿野町と両神村が合併し、新町小鹿野町となりました。
 現在の姿となるまでの間、小鹿野町は下小鹿野村、伊豆沢村等の合併とともに明治元年10月に岩鼻県、
同3年に群馬県に編入、同5年入間県に属し、同6年に熊谷県、同9年に埼玉県に移管されています。
 なお、小鹿野町の歴史は古く「おがの」の町名は平安時代”巨香郷[こ(お)かのごう]”と和名抄に載せられた
ことに創まると伝えられ、由緒あるところから、明治22年以来、関係町村一致の意見をもって旧町名を
そのまま受け継いで今日に至っています。