トップページ生活・環境>木造住宅耐震診断・耐震改修補助金事業
  
  木造住宅耐震診断・耐震改修補助金事業
 町では、昭和56年以前に建てられた木造戸建て住宅を対象に、地震に対する強度を測るための「耐震診断」および耐震診断の結果、補強工事が必要となった場合の「耐震改修」の費用に対して補助金を交付します。

 対象となる住宅
 耐震診断
 町内に存する一戸建ての木造住宅または木造併用住宅
 (店舗等の用に供する部分の床面積が述べ面積の2分の1未満のもの)
 ただし、地階を除く階数が2以下のものとし、その建築時期が昭和56年5月31日以前に着工されたもの。
 耐震改修
 耐震診断の結果、上部構造評点等が1.0未満または地盤もしくは基礎が安全でないと診断されたもの。

 対象者
 耐震診断、耐震改修ともに町内に住所があり、町税及び水道料金を滞納していないものであって、対象となる木造住宅に居住している住宅の所有者または、その方の2親等以内の親族。

 補助金額
 耐震診断
 耐震診断に要した費用の額の2分の1とし、上限50,000円です。
 耐震改修
 耐震改修に要した費用の額の3分の1とし、上限20万円です。

 申請方法
 補助制度を利用する際は、あらかじめ役場建設課にお問い合わせの上、耐震診断・耐震改修を実施する前に必要な書類を添えて申請してください。
申請書の名称・届出   ダウンロード 
 木造住宅耐震診断補助金交付申請書  申請書及び要綱【ZIP】
 木造住宅耐震改修補助金交付申請書  申請書及び要綱【ZIP】
「申請書」ダウンロードをご利用いただきますと、小鹿野町の申請書や届出書の様式(一部)が自宅などでいつでも取り出すことができます。
なお、ご利用にあたっては、あらかじめ留意事項をお読みいただき、内容をご承知のうえご利用ください。

 要綱・様式の配布
両神庁舎内「建設課」・小鹿野庁舎内「総務課」にて要綱・様式を配布しております。


 問合せ●両神庁舎・建設課 TEL0494−79−1204