この時点で、水道水として皆様のお宅に供給する水となり、配水池と呼ばれる池に貯められ、皆様のお宅へと配られていきます。
きれいになった水に、塩素滅菌を行います。
濁りの薄くなった水は、ろ過池と呼ばれる池でろ過されます。ろ過池には、上盤に砂、下盤に石が入っており、そこを通って泥や汚れをろ過します。
濁り水は沈殿池と言われる池を、ゆっくりと流れます。途中に整流板という穴の開いた壁があり、ここに水がぶつかることによって、水の勢いを抑えるとともに、泥などの汚れも沈みやすくなります。
台風などにより、川の水が濁りました。水が濁ると、ポンプでも濁った水を吸い上げてしまいます。
 ※このページは平成27年度まで小鹿野町役場水道課として掲載していた旧情報です。

三山浄水場:河原沢浄水場:倉尾浄水場:竹平浄水場:浦島浄水場
で、緩速ろ過によるろ過を行っています。
■川の水は濁っているのに、水道水はなぜ濁らないの?
 小鹿野町は、急速ろ過(小鹿野浄水場:給水地域 小鹿野町、下小鹿野、長若、飯田の一部)と緩速ろ過(三田川、飯田の一部、倉尾、両神)により水道水を作っています。水道水は、川や沢から取水しています。でも、雨が降って川の水が濁っても、水道水が濁ることはありません。(但し、長期にわたって川の水が濁ると、水道水に濁りが入る場合もあります)
 水道水がなぜ、濁らないのか。その仕組みを簡単にご説明します。
■沈殿池
■ろ過池
■滅菌機
■配水池