上澄みのきれいな水をさらに砂でろ過します
凝集剤とともに固まった水の汚れは、ラビリンスと呼ばれる傾斜のついた板にぶつかりながら落ちていきます
汚れを急速に固めるために凝集剤と呼ばれる薬品を入れます
 ※このページは平成27年度まで小鹿野町役場水道課として掲載していた旧情報です。

小鹿野浄水場では、急速ろ過により水道水を作っています。
■川の水は濁っているのに、水道水はなぜ濁らないの?
 小鹿野町は、急速ろ過(小鹿野浄水場:給水地域 小鹿野町、下小鹿野、長若、飯田の一部)と緩速ろ過(三田川、飯田の一部、倉尾、両神)で水道水を作っています。水道水は、川や沢から取水しています。でも、雨が降って川の水が濁っても、水道水が濁ることはありません。(但し、緩速ろ過の場合は、長期にわたって川の水が濁ると、水道水に濁りが入る場合もあります)
 水道水がなぜ、濁らないのか。その仕組みを簡単にご説明します。
■汚れの固まりを大きくする
 (フロキュレーター)

 
■固まりを板にぶつけて落とす
 (ラビリンス)
■さらに砂でろ過する
 (ろ過池)