トップページ>フォトニュース
 
   写真による小鹿野歳時記 2017.1.23更新
●バックナンバーはこちら 
2017/1/21 (土曜限定) 尾ノ内ecoライトアップ
 土曜日限定の氷柱ライトアップの初日。
 寒波で氷の厚みが増し、見応えもUP。当日も地表近くに置かれた寒暖計では午後8時にはマイナス7度をしめす寒さの中。大勢のお客さんが氷に感嘆していました。


 

2017/1/21 橋詰のドウロク神焼き
 地域の無火災や健康を祈願するドウロク神焼きが行われました。高さ5mほどの円錐に組まれた櫓に火が灯されると、炎は一気に立ち上り、正月飾りやだるまなどとともに短時間で大きな建造物を炭に変えました。
 炎の高さは15mを超しているでしょうか。かなりの迫力です。

 

2017/1/14.15 馬上のクダゲエ
 15日朝、神社に太陽が差す時間に筒粥(くだげえ)の神事が執り行われました。(お粥と篠竹の炊き込みは14日夜)
 占う内容は大まかに天候と作物等の出来、社会情勢。社会情勢を意味する大世(おおよ)に関するご神託は、最近では稀に見る良い内容ということで。「穏やかな一年になると期待したい」と氏子の皆さんが語られていました。


↑今年から台紙が変更されました
 

2017/1/14 山田大久保の道陸神焼き
 今年の山田大久保の道陸神焼きで貴重な体験をさせていただきました。地域の皆さんのはからいで、焼いたご神体(石)を社殿に戻すお役目をお世話になれました。(3人のお役目のうちのひとりとして)
 ご神体とはいえ何しろ2時間ほど火の中心にあった訳で、さすがに素手で焼け石に触れることには抵抗がありました。
 まさに恐る恐るつかみあげ、その後は氏子の皆さんのアドバイスのとおり、ご神体を手の中で転がしながら、30mほどを小走りに駆け、無事、社殿にお帰しすることができました。
 もちろん熱かったのですが、不思議とやけどはありませんでした。終わった後は高揚感と達成感とでことのほか気分がよかったです。


 

2017/1/8 尾ノ内百景(冷っけぇ〜)氷柱2017オープン
 氷柱の開園初日を記録させていただきました。
 この日は取材が朝から重なり、現場に行けたのが13時30分ごろ、現地寒暖計でマイナス1℃を示していました。
 滝と吊り橋の景観に氷柱がある様は、やはり見事。今後も日々成長・変化する氷の姿を見るのが楽しみです。


↑入り口には大きめの看板も掲げてあります。
 

2017/1/8 法養寺薬師尊の縁日
 神社仏閣の催しのうち、新年が始まって最初に取材をさせていただいているのが、この法養寺薬師尊。
 今年も良い年が迎えられますようにと、しっかり挨拶させていただきました。
 
2017/1/8 小鹿野町成人式
 小鹿野町の今年の成人式対象者は118人。男性72人の女性46人で構成されています。女性の数が少ない年代ではありますが、女性の晴れ着姿は目を引くものがあります。 ↓小鹿野・倉尾地区

↓長若・三田川・両神地区
 

エントランスでの撮影
2017/1/8 小鹿野町消防団出初式
 消防団の出初式。特別点検と異なり、役場前庭に車両がズラリ並べられています。通りすがりの皆さんも消防が集まっていることを確認ができるため、啓蒙の一環になっているように思えます。
車両が連なって、防火啓蒙に出向きます。
 
2017/1/1 日の出と両神山と尾ノ内と
 謹賀新年
 本年もよろしくお願いします

 今年の初日の出の撮影は昔の記憶を頼りに『茅ノ坂峠』へ向かいましたが、すくすくと成長した木々が東側の眺望をさえぎっていました。(残念。)計画なしに思いつきで出動した自分のミスです。わずかにあった隙間からの日の出撮影となりました。
↓出動ついでに尾ノ内渓谷の氷柱の会場にお邪魔

↓吊り橋手前の寒暖計はマイナス5度ほど
 

↓朝日が注ぐ両神山
 ●バックナンバーはこちら    

 ●フォトニュースに関する問合せ●

 小鹿野町役場総務課 広聴・広報担当 〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
  TEL:0494-75-1221(代表) FAX:0494-75-2819