トップページフォトニュースバックナンバー>平成27年11月フォトニュース
 
   写真による小鹿野歳時記
●バックナンバーはこちら 
11/23 長若自然休養村祭り・長若フェスティバル
 地域の農林業に関連した団体の収穫祭と長若地区の運動会や学校PTA関係者によるバザーなどが開催されます。
 初冬らしく大根や白菜、柚子等の野菜が販売される裏では、運動会の綱引きが真っ最中。「オー・エス」の掛け声が会場に轟くという。なかなか個性が強めのイベントです。
 休養村祭りにおける長若中学校の歌舞伎”としての公演は最後。関係する皆さんからの惜しみない拍手が、無事に公演を終えた生徒たちを讃えていました。


 


11/23 岩殿沢の光珠院の紅葉祭(火渡り)
 岩殿沢の光珠院さんでは、毎年、火渡りの行事が行われています。読経や塩、炎で清められた結界内の中心を祭壇に向かって素足で歩きます。
 
11/22 とうかんや
 『とうかんや〜とうかんや〜 (中略) 〜ぶっとばせ〜♪』
 ワラでっぽうで地面をたたき、ねずみや害虫等を追い出したのが発生といわれていますが、現在では災い除けの意味が大きくなっています。

 
11/14・15 歌舞伎・郷土芸能祭
 今年の芸能祭では、子ども達の演目が注目されました。
 子ども歌舞伎(14日)は、小鹿野町では伝わっていなかった『恋飛脚大和往来封印切之場』を台本とVTRとで稽古を重ね、初披露となりました。
 また、三田川中学校(14日)と長若中学校(15日)は今年度末での中学校統合を控え、同中学校名での最期の公演(芸能祭における)でありました。




三田川中学校

長若中学校

子ども歌舞伎
 




11/8 小鹿野町消防団特別点検
 『消防団員のまち小鹿野町』といっても過言ではない小鹿野町の消防団員の人口比率。
 その消防団の中で最も大きなイベントです。
 ただ、雨でした。特別点検の当日にまとまった雨が降るのはウン十年ぶりとの事。冷たい雨のしずくが辺りを濡らし、キャップからポタポタと滴り落ちる中、点検は始まりました。
 何とか開始直後に雨が小康状態になってくれたので、無事予定をすべて消化することができました。

 
11/7 『尾ノ内 Flower Suspension Bridge collaboration with ダリア園』
 町の観光協会に属する若手集団『ちょこっともてなし隊』の隊員の遊び心と努力で実現した一日限りの両神山麓花の郷ダリア園と尾ノ内渓谷のコラボレーション。
 快く受け入れてくれた大勢の皆さんの心意気により、とっても素敵な空間が仕上がりました。
 尾ノ内渓谷の吊り橋にダリアをアレンジメント。少し曇りがちな天気も応援し最後まで可愛らしいダリアが吊り橋を飾りました。花の状態もあり一日限定でしたが、見られた人は皆さん感嘆されていました。

 
11/3 両神ふるさとまつり
 何といってもふるさとまつりのメインは、歌謡ショーのステージ。今年のゲストは千 昌夫さんと青山和子さん。秋の日差しとしては、なかなか主張の強い温かな一日となりましたが、それにも負けない熱唱を拝見することができました。
 また、今年のふるさとまつりには、今年度で閉校となる両神中学校の展示ブースやコーラスグループの協力を得て、生徒や先生・卒業生による校歌の合唱等が盛り込まれました。




 




 ●バックナンバーはこちら    

 ●フォトニュースに関する問合せ●

 小鹿野町役場総務課 広聴・広報担当 〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
  TEL:0494-75-1221(代表) FAX:0494-75-2819