トップページフォトニュースバックナンバー>平成27年3月フォトニュース
 
   写真による小鹿野歳時記
3/29 奈倉大徳稲荷のおまつり
 奈倉の大徳院の脇に祀られている稲荷神社のおまつりでは、特設の舞台が設けられ、神楽が奉納されます。
 ここ2年ほど天候が思わしくない状態で、大徳院の本堂を借りて神楽が舞われていましたが、久しぶりに舞台が組まれました。

 


3/27〜29 東京モーターサイクルショー
 今年も東京モーターサイクルショーに『ウェルカムライダースおがの』のブースが設けられ、小鹿野町の観光PRをしていただきました。
 メインステージでは、初日に小鹿神社の宮司さんのお祓い、中日には小鹿野歌舞伎サークルうぶの皆さんが、白浪五人男を披露するなどインパクトのある小鹿野の紹介ができました。
(記録担当は28日(土)に参戦)


 タレントの山口良一さんをはじめ、大勢の皆さんにウェルカムライダースおがのブースの応援をいただきました。
 また、ブースに訪れていただいた大勢の皆さんに感謝納仕上げます。
 

3/20 両神幼稚園お別れ記念式典
 三田川幼稚園同様に両神幼稚園も平成27年4月をもって、小鹿野幼稚園に統合となります。閉園式では、園歌の作成に携わった元園長先生の指揮により、両神幼稚園の歌が斉唱されました。
 閉園後の両神幼稚園は、学童保育の拠点に活用されます。


記念碑の脇には園歌と沿革史

記念植樹:イロハモミジ
 


3/19 三田川幼稚園お別れ記念式典
 19日三田川幼稚園が閉園式を迎えました。
 風見鶏がたたずむ園舎は、今後新たに子育て支援センターとして活用されます。
 危ぶまれた天候も、想いが届いたのかはわかりませんが、記念撮影が終了するまで留まってくれました。


記念碑はもともとあった巨石に

記念植樹:カワヅザクラ
 


幼稚園の看板が外され、園長先生から町長へ返上
3/14 日本武神社(十六様)例大祭
 十六様の例大祭が行われました。
 担当者個人的な感想ですが、何とな〜く春の暖かさを実感するようになって、このお祭りが開催されるため、小鹿野の春を告げるおまつりに思えます。
 それから、歌舞伎に関して20代の義太夫さん(物語の弾き語りを行う人)が初公演。伝統芸能の継承の一端が垣間見えました。


 



3/13 『ようばけ』が埼玉県指定文化財に
 13日『ようばけ』が埼玉県指定の文化財(天然記念物)として指定されました。(指定名称は『赤平川の大露頭 ようばけ』)
 高さ約100m、幅約400mを有する『ようばけ』は、埼玉県屈指の露頭ということで、小鹿野町でも早くから町の天然記念物として指定し、保全・保護活動を行ってきました。また、日本の地質百選への選出や秩父ジオパークの要所の一つとして、その存在を評価されており、今回の埼玉県の指定で、さらに存在価値が確立された形となりました。
 尚、多くの皆さんに現地に訪れていただけると思いますが、『ようばけ』は非常崩れやすい状態であるため、観賞・見学は遠くから行ってください。今冬の落石では、巨石(2m×3m×3m)が対岸にまで到達する事象も発生しています。
 安全第一、細心の注意を払ってください。

 
3/13 第32回両神花卉共進会
 両神花卉生産組合主催の共進会が13日に開催され、14・15日に一般公開されました。
 昨年は大雪の影響で、出品数が幾分か減少しましたが、今春はその数を戻し、会場となっている道の駅の休憩所いっぱいに花の香りとその個性豊かな容姿で来場者を楽しませていました。

 

3/8 セツブンソウまつり
 セツブンソウの開花状況がいい時期にあたり、イベントのスケジュールとしては最高でしたと表現したいのですが、あいにくの雨。空模様の調整はつきませんから、いたしかたなしです。
 一日小雨がガヤガヤとして湿気をもたらす中ではありましたが、大勢の野草ファンの皆さんにご来園いただきました。
 案外とカラフルな雨具や雨除けの羽織り物がコントラストとなって、記録写真としてはそれなりに残せた印象を受けました。

 

3/8 滝の上不動尊のおまつり
 結婚や新築等のお祝いに“ボンゼン”という木の柱を氏子が担いで当該のお宅に届けるという変わった風習のある河原沢の滝の上不動尊ですが、今年は該当の世帯がありませんでした。
国道脇のお堂前にはボンゼンが飾られました
 

3/1 第二支団水槽付き小型ポンプ車配属
 午前中は何とか傘を差さずに堪えられた天候も、午後はすっかり雨脚が早まってしまいました。そんな雨の降りしきる中、消防車両の配属式は予定通り役場前庭で行われました。
 今回の配属で消防団が保有する水槽付きのポンプ車両は5台となりました。

小鹿野町から消防団へ

消防団長から第2支団第2分団へ
 

3/1 秩父消防署西分署竣工式
 飯田地内に新設された秩父消防署西分署で竣工式が行われました。秩父広域市町村圏組合の管理者である久喜市長を始め多くの関係者や地元の皆さんが集い、施設がお披露目されました。
 木質化された施設は、天井が高く広々としていて、また木の香りが心地よく漂い、居心地の良い所でした。


 

 ●バックナンバーはこちら    

 ●フォトニュースに関するお問合せ●

 小鹿野町役場総務課 広聴・広報担当 〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
  TEL:0494-75-1221(代表) FAX:0494-75-2819