トップページ国保・年金>長寿医療
 
   長寿医療(後期高齢者医療)
 
    75歳以上の人
 長寿医療制度は、これまでの老人保健制度に代わるものとして、新たに作られた独立した医療保険制度です。75歳以上の人は(65歳以上で一定の障害があると認定を受けた人を含む)、国民健康保険、健康保険組合や共済組合などの被用者保険の資格はなくなり(被扶養者であった人を含む)、長寿医療制度に加入することになります。
    対象者
■75歳以上の人(健康保険本人を含む)
■65歳以上75歳未満の人で、一定の障害があると認定を受けた人
    届出
 次の場合には、届出が必要となりますので、福祉課(保健福祉センター)までお願いします。
■住所が変わったとき
■死亡されたとき
■他市町村へ転出されたとき
■他市町村から転入されたとき
■交通事故にあって治療を受けられたとき
 ※届出の際は、「後期高齢者医療被保険者証」と「印鑑」を必ずお持ちください。
医療機関の受診
 医療機関を受診される場合は、「後期高齢者医療被保険者証」を医療機関の窓口に提出してください。
   外来
かかった医療費の1割又は3割を医療機関の窓口で支払います。
   入院
かかった医療費の1割又は3割を医療機関の窓口で支払ってもらいますが、以下の限度額までの支払いとなります。
所得区分  入院の限度額 
現役並みの所得者(※1)  80,100円+(かかった医療費-267,000円)×1% 
一般 44,400円 
低所得U(※2)  24,600円 
低所得T(※3)  15,000円 
※1 住民税課税所得145万円以上の所得がある被保険者が、その世帯に一人でもいる場合は、どうせ体内で全ての被保険者が一定以上の(現役並み)所得者となり、自己負担の割合が「3割」となります。
 ただし、前年の被保険者の収入合計額が次に該当する場合、申請が認められると「1割」負担になります。
 ■被保険者が一人の世帯…前年の収入額が383万円未満の場合
 ■被保険者が二人以上の場合…前年の収入合計額が520万円未満の場合

※2 住民税非課税世帯に属する人
※3 住民税非課税世帯で、世帯員の所得が一定基準に満たない人


   食事療養標準負担・生活療養費標準負担額 
所得区分  食事療養標準負担額(1食あたり)  生活療養標準負担額
(1食あたり+1日あたり) 
現役並み所得者  260円  1食あたり460円
1日あたり320円 
低所得者U  90日までの入院/210円  1食あたり210円
1日あたり320円 
過去12カ月の間に、90日を超える入院があったとき/160円
低所得者T  100円   1食あたり130円
1日あたり320円 
老齢福祉年金受給者  1食あたり100円
1日あたり0円


   あとで医療費が払い戻される場合
 次のような場合には、かかった医療費を一度全額自己負担していただきますが、必要な書類を添えて福祉課へ申請することにより、一部負担金を除いた額が払い戻されます。

@急病などやむを得ない事情で、保険証を持たずに医療機関等にかかったときの費用
A輸血したときの生血代
B医師が必要と認めた治療用具の費用(義足、コルセット等)
C医師が必要と認めたマッサージ、鍼、灸等の費用
D骨折・捻挫等で施術を受けた柔道整復師の費用(保険を取り扱っている柔道整復師については、一部負担金で施術を受けることができます。)
E海外旅行中に医療機関等にかかったときの費用
亡くなられたとき(葬祭費の支給) 
 被保険者が亡くなられたとき、その葬祭を行った人に葬祭費として、5万円が支給されます。次の書類等をお持ちになり、福祉課へ申請してください。

■葬祭を行った証明書類(会葬礼状、領収書等)
■亡くなられた人の保険証
■葬祭を行った人の印鑑
■葬祭を行った人の振込先口座 
   問合せ
保健福祉センター・福祉課 TEL0494−75−4421