トップページ国保・年金>国民健康保険
 
   国民健康保険
 
届出
 世帯に移動があった場合は、必ず14日以内に届出をしてください。

こんなとき  必要なもの 
国保に加入するとき 他の市町村から転入したとき  印鑑 
職場の健康保険を脱退したとき  資格喪失証明書(職場の健康保険をやめたことがわかる証明)、印鑑 
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき  扶養から外れたことがわかる証明書 
子ども生まれたとき  被保険者証、母子健康手帳、印鑑 
生活保護を受けなくなったとき  保護廃止決定通知書、印鑑 
国保を脱退するとき     他の市町村に転出するとき  被保険者証、印鑑 
職場の健康保険に入ったとき  国保の被保険者証、職場の被保険者証、印鑑 
職場の健康保険の被扶養者になったとき  国保の被保険者証、職場の被保険者証、印鑑 
被保険者が死亡したとき 被保険者証、印鑑 
生活保護を受け始めたとき  被保険者証、保護開始決定通知書、印鑑 
その他      転居・氏名変更・世帯主変更・世帯合併・世帯分離をしたとき  被保険者証、印鑑 
就学のため。町外に住所を定められるとき  被保険者証、在学証明書、印鑑 
退職者医療制度(※1)の対象になったとき  被保険者証、年金証書(加入期間が記載されているもの)、印鑑 
退職者医療制度の対象でなくなったとき  被保険者証、収入の証明書、印鑑 
被保険者証を失くしたとき、汚れて使えなくなったとき  身分を証明するもの、汚れて使えなくなった被保険者証、印鑑 
※1 この制度の対象となる人は、65歳未満の人で厚生年金や共済年金等に20年以上加入していた人、または40歳以降の加入期間が10年以上の人で年金を受給している人及びその被扶養者です。  
    受付窓口
■福祉課(保健福祉センター)
■住民課(小鹿野庁舎)
■おもてなし課(両神庁舎)
療養の給付
 医療機関で診察を受けるとき、窓口へ被保険者証を提示することにより、次の割合の一部負担金で診察が受けられます。なお、70歳になられる人には高齢者受給者証が交付されます。
対象  割合 
義務教育就学前の被保険者  2割 
義務教育就学後70歳未満の被保険者  3割 
70歳以上75歳未満の被保険者
(一定以上の所得がある人) 
1割
(3割) 

出産育児一時金
 被保険者が出産したときに支給されます。なお、支払方法の原則として、出産育児一時金は医療保険者から病院等へ直接支払われる仕組みに変わりました。(直接支払制度)

■支給額/42万円 
葬祭費
 被保険者がなくなられたとき、葬儀を行った人に支給されます。
国民健康保険税
 国民健康保険に加入した月から、保険税が賦課(課税)されます。
 また、40歳から64歳までの人については、介護保険料を合算した額が賦課(課税)されます。
 詳しくは、税務課のページをご覧ください。 
   問合せ
保健福祉センター・福祉課 TEL0494−75−4421