〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
電話0494-75-1221(代表)FAX 0494-75-2819
E-mail : ogano@town.ogano.lg.jp
ホームお問い合せ
寿曽我対面工藤館の場
そがたいめんくどうやかたのば

(あらすじ)
 
工藤祐経(くどう すけつね)は源頼朝のお気に入りの武将。富士の裾野での巻狩の総奉行(まきがりそうぶぎょう)を命ぜられ、祝いのため大名たちが正装して工藤の館へつめかけてくる。一きわ華やかなのは、大磯のくるわけいせい廓から祝いに来た虎御前と少将の二人の傾城。
高座朝比奈一同の祝いの言葉を受け高座に工藤がついた時、朝比奈はかねてから頼んでおいた二人の若者に会ってやってくれ、すけなり ときむねという。若者二人とは曽我十郎祐成、曽我五郎時致。
 このかわづ二人は十八年前に父の河津三郎を工藤に討たれ、工藤を父 かたきの仇とねらっていた。
 敵を目前にして血気にはやる弟と制する兄。兄弟二人は工藤から父を討ったいきさつを聞く。朝比奈はこの機会に工藤から盃をもらうようにとりはからう。五郎は盃を受けたものの無念の余り盃を砕く。工藤はこれを見て、鎌倉殿の第一の武将なる自分を討つことはとても叶わぬと言い聞かせる。工藤は、二人に時節を待てといいつつ狩場の通行手形を与える。富士の巻狩の時に討たれてやろうという工藤の本心を知った兄弟は再開を約束して別れる。