〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
電話0494-75-1221(代表)FAX 0494-75-2819
E-mail : ogano@town.ogano.lg.jp
ホームお問い合せ
一谷嫩軍記熊谷陣屋の場
いちのたにふたばぐんきくまがやじんやのば

(あらすじ)
 『一谷嫩軍記』は、宝暦元年(一七五一)の初演。並木宗輔ほかの合作。平家物語の熊谷直実と平敦盛に題材をとった狂言。五段物のうち二段目の「陣門」「組打」と三段目の「熊谷陣屋」が数多く上演されます。
 舞台は一の谷合戦後の須磨の浦の熊谷の陣屋。石屋の弥陀六は平敦盛の菩提を弔うために石塔を立てたとして捕らえられ、陣屋で梶原景高の詮議を受けています。
 その後、熊谷の妻相模(小次郎の母)と藤の方(平敦盛の母)がお互いの子の身の上を案じ、陣屋を訪ねてきます。熊谷は相模に女の身で陣中へ来ることならぬと冷たいそぶりを見せますが、敦盛を打ち取ったと語ります。その時、襖の陰から藤の方が「我が子の敵熊谷やらぬ」と熊谷に切りかかります。熊谷は藤の方を丁寧にさえぎり戦場での健気な敦盛最後の様子を物語ります。
 やがて、源義経が家来を伴って現れ、首実験となりますが、熊谷の差し出した首は、意外にも小次郎の首でした。熊谷は、義経から「一枝を伐らば一指を剪るべし」と記した制札を受け、皇統を引く平敦盛を助けよと密命を受けていました。涙をのんでわが子小次郎の首をはね身代わりとし、実験に供したのです。
 このすり替えの様子を聞いた梶原景高は、鎌倉の源頼朝へ注進しようと現れますが、物陰から弥陀六の投げた石のみで絶命。義経は、石屋の弥陀六を伏見の里で幼い自分を助けてくれた平弥平兵衛宗清と見破り、敦盛の入った鎧櫃を与えて旧恩に報います。 熊谷は世の無情を悟り、武士を捨て仏門に入り「十六年は一昔、夢だ夢だ」とつぶやきつつ小次郎の菩提を弔うため旅立って行きます。

(見どころ)
 熊谷次郎直実は、武蔵武士の代表格。鎌倉時代の『平家物語』では、一の谷の合戦で弱冠十六歳の平家の若武者敦盛を打ちとった熊谷直実は、世の無情を感じて武士を捨て僧となったというストーリーとなります。
 しかし、歌舞伎の世界では平敦盛は平経盛の末子として育てられてきたのですが、実は後白河院と藤の方の間にできた子、すなわち皇室の御落胤という設定に変わります。皇統を引く敦盛を死なせてはならないと考えた源義経は、熊谷に制札を与え密命を与えます。熊谷はもと大内を守護する武士でしたが、女官相模と密通、不義の罪に問われるところを藤の方に助けられ、恩義を被っていたのです。その時相模の身ごもっていたのが小次郎であったのです。
 二段目の「組打ちの場」では敵・味方にさとられぬよう、敦盛ならぬ小次郎の首をはねます。舞台を見るものにとっては、小次郎をあくまでも敦盛と扱いながら、根底には親子の情を通わせつつ、苦しみつつの熊谷の演技は心を引きつけさせてくれるなど『一谷嫩軍記』は典型的な「身代わり狂言」といえます。熊谷陣屋の場前半の見せ場は熊谷の「物語」で勇壮豪快な見得、後半では「制札の見得」で、熊谷が中央で長袴をさばいての見得など大見得の名にふさわしいものです。立女形のつとめる相模は小次郎の首をもって嘆きを押し殺しながらの「くどき」の件が見せ場となります。「熊谷陣屋」は小鹿野歌舞伎で演じられる多くの演目のうち十八番といってよい演目で、最近では愛知県芸術劇場や彩の国さいたま芸術劇場等で演じられ好評を得ました。各役柄にはそれぞれ芸歴の長いベテランを配し、いずれも重厚な演技を披露します。