埼玉の奇獣パレオパラドキシアは、今からおよそ1,500万年前(新生代第三紀中新世)に日本と北アメリカ西海岸の海辺で生息していた哺乳類で、おがの化石館と同じ地層が分布する長若地内から、昭和56年にパレオパレドキシアの化石が発見されました。板状の胸骨など、風変わりな歯や骨を持っていて、古生物学的に不明な部分が多く、世界の奇獣とも呼ばれています。おがの化石館で展示されている骨格模型は、海を泳ぐ姿勢で復元してあります。
 おがの化石館から見える「ようばけ」は、高さ約100m、幅約400mにおよぶ地層の大露頭で、海棲哺乳類化石群(パレオパラドキシアの化石を含む)とともに、国指定天然記念物に指定されました。