トップページ医療保険・年金国民健康保険>高額療養費の支給
 
 
 
   高額療養費の支給
 
 
高額療養費について
 1カ月に医療費の支払金額が自己負担限度額を超えた場合、申請によってその超えた金額(高額療養費)を払い戻しする制度です。高額療養費の支給には申請が必要となります。
 
高額療養費の対象となるもの
(1)保険が適用されるものが対象です。診断書料や入院時の室料・差額ベッド代等は除かれます。また、
  食事代も対象外です。
(2)月ごと(1日から末日まで)の受診について計算します。
(3)医療機関ごとに計算します。ただし、同じ医療機関でも外来・入院・歯科は別計算になります(院外処方
  せんによる調剤は合算)。
(4)以上の方法で計算した一部負担金が、同一世帯において複数ある場合、以下の方法で合算します。
  @70歳未満の人は、1つの医療機関で、1カ月単位で計算した自己負担額(3割負担分)が2万1,000
   円以上のものだけが合算対象になります。
  A70歳以上の人は、計算した自己負担額(1割、2割、3割)のすべてが合算対象になります。
 
70歳未満の人の自己負担限度額
 事項負担限度額(月額)
所得区分  3回目まで 4回目以降※1
 基準総所得額901万円超   252,600円+(医療費総額-842,000円)×1%  140,100円
 基準総所得額600万円超901万円以下   167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%  93,000円
 基準総所得額210万円超600万円以下   80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%  44,400円
 基準総所得額210万円以下   57,600円  44,400円
 住民税非課税世帯   35,400円  24,600円
※1 過去12カ月間に、同じ世帯での支給が4回以上あった場合は、4回目以降の限度額を超えた分が
   支給されます。
 
70歳以上75歳未満の人の自己負担限度額
 事項負担限度額(月額)
所得区分  負担割合 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
 現役並み所得者 3割  57,600円  80,100円 +(医療費総額-267,000円)×1%※3
 一般 1割、2割※1  14,000円
 年間上限額144,000円※2
 57,600円※3
 低所得者U 1割、2割※1  8,000円  24,600円
 低所得者T 1割、2割※1  8,000円  15,000円
※1 誕生日が昭和19年4月2日以降の人は2割負担、昭和19年4月1日以前の人は1割負担となります。
※2 年間(8月から翌年7月まで)の上限額が144,000円になります。
※3 過去12カ月以内で、自己負担限度額を超えたし支給が4回以上あった場合は、4回目以降は44,000円に
  なります。
 
申請方法
  高額療養費の支給に該当する人には診療を受けた月の2カ月後を目安に、町から支給申請書を郵送します。その申請書に基づき高額療養費を申請してください。 
【申請場所】
小鹿野町保健福祉センター 福祉課 
【申請に必要なもの】
 町から送られてきた高額療養費支給申請書
   ※申請書に必要事項を記入の上、申請してください(申請書は切り離さずにお持ちください)。
 国民健康保険被保険者証
 該当している月のかかった医療機関の領収書
   ※保険診療外のもの(差額ベッド料など)や入院時の食事代は高額療養費の対象になりません。
 世帯主の預金通帳など振込先がわかるもの
 印鑑
 マイナンバーが確認できるもの
(ご注意)
 診療月の翌月1日から2年を過ぎると時効になります。
(自己負担分を診療月の翌月以後に支払ったときは、支払った日の翌日から2年を過ぎると時効になります。)
 
 
問合せ●保健福祉センター・福祉課 TEL0494-75-4421