トップページ保健&医療&福祉>介護保険
 
介護保険
被保険者
 40歳以上の方全員が介護保険被保険者となります。
 被保険者証は65歳になると交付されます。40歳から64歳までの方は要介護認定を受けたときに交付されます。
 介護保険保険料
 保険料は、介護保険を利用する人数や利用するサービスの量などから、その基準額を定めることになります。65歳以上の方はこの基準に基づき、所得等により6段階に区分した保険料を負担していただきます。
 保険料は、原則として年金から天引きされますが、年金から徴収できない方については、町に直接納めていただきます。
なお、平成21年度には保険料が変更される見込みです。
利用できるサービス
在宅サービス
施設サービス(要介護者の方のみ)
訪問介護(ホームヘルプサービス)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
訪問入浴介護 介護老人保健施設
訪問看護
介護療養型医療施設
訪問リハビリテーション
通所リハビリテーション
居宅療養管理指導
通所介護(デイサービス)
短期入所介護(ショートステイ)
福祉用具の貸与、福祉用具購入費の支給
住宅改修費の支給
認知症高齢者グループホーム
有料老人ホームなどでの介護
 サービスの利用者
■65歳以上の人で寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態の人や、常時の介護までは必要ないが家事や身支度など、日常生活に支援が必要な人
■40歳以上の人で初老期認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気により、要介護状態や要支援状態となった人
利用方法
1.申請
 本人または家族等が保健福祉課に申請します。
2.訪問調査
 調査員が本人の心身の状態について調査に伺います。また、主治医に意見書を作成してもらいます。
3.審査・認定
 介護認定審査会で審査判定され、「要介護度」(介護が必要な度合)などが決まり、介護保険証に記入して本人に通知します。
4.介護サービス計画(ケアプラン)作成
 本人や家族の意見などを踏まえ、介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアプランを作成します。
5.サービス開始
 計画に基づいたサービスを受けます。利用者は受けた介護サービス費用の1割を負担していただきます。
問合せ
 保健福祉センター・福祉課 TEL0494−75−4421