平成23年第6回(11月)小鹿野町議会臨時会会議録目次

招集告示
応招・不応招議員

    第 1 号 (11月1日)
議事日程
出席議員
欠席議員
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
本会議に出席した事務局職員
開会及び開議の宣告
会議録署名議員の指名
会期の決定
町長提出議案の説明
同意第2号 小鹿野町教育委員会委員の任命について
同意第3号 小鹿野町教育委員会委員の任命について
同意第4号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
同意第5号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
同意第6号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
日程の追加
発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則
発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例
日程の追加
議長辞職許可について
議長退任のあいさつ
日程の追加
議長選挙
議長就任のあいさつ
日程の追加
副議長辞職許可について
副議長退任のあいさつ
日程の追加
副議長選挙
副議長就任のあいさつ
日程の追加
常任委員会の委員の選任
各常任委員会の正副委員長の互選
日程の追加
議会運営委員会の委員の選任
議会運営委員会の正副委員長の互選
日程の追加
秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙
日程の追加
同意第7号 小鹿野町監査委員の選任について
日程の追加
閉会中の継続調査について
閉会の宣告



                                   小鹿野町告示第44号

平成23年第6回(11月)小鹿野町議会臨時会を下記のとおり招集する。

  平成23年10月25日


                           小鹿野町長   福 島 弘 文


                      記

1.招集期日  平成23年11月1日(火曜日) 午前9時30分

2.招集場所  小鹿野町役場議場(小鹿野庁舎)

3.付議事件等
 1)小鹿野町教育委員会委員の任命について
 2)小鹿野町教育委員会委員の任命について
 3)小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
 4)小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
 5)小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について

              〇 応 招 ・ 不 応 招 議 員
応招議員(14名)
  1番   山  ア  京  子  君    2番   皆  本  富  男  君
  3番     橋  喜 久 子  君    4番   岩  田  和  幸  君
  5番     橋     聡  君    6番   岩  田     實  君
  7番   加  藤  喜  一  君    8番   渡  辺  政  治  君
  9番   黒  澤  光  司  君   10番   強  矢  好  光  君
 11番   今  井  太 喜 男  君   12番     根     登  君
 13番   神  田     武  君   14番   小  菅    信  君

不応招議員 なし



平成23年第6回(11月)小鹿野町議会臨時会


議 事 日 程 (第1号)

                     平成23年11月1日(火曜日)午前9時40分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 町長提出議案の説明
日程第 4 同意第2号 小鹿野町教育委員会委員の任命について
日程第 5 同意第3号 小鹿野町教育委員会委員の任命について
日程第 6 同意第4号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
日程第 7 同意第5号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
日程第 8 同意第6号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
追加日程
日程第 9 発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則
日程第10 発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例
日程第11 議長辞職許可について
日程第12 議長選挙
日程第13 副議長辞職許可について
日程第14 副議長選挙
日程第15 常任委員会の委員の選任について
日程第16 議会運営委員会の委員の選任について
日程第17 秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙
日程第18 同意第7号 小鹿野町監査委員の選任について
日程第19 閉会中の継続調査について

出席議員(14名)
  1番   山  ア  京  子  君    2番   皆  本  富  男  君
  3番     橋  喜 久 子  君    4番   岩  田  和  幸  君
  5番     橋     聡  君    6番   岩  田     實  君
  7番   加  藤  喜  一  君    8番   渡  辺  政  治  君
  9番   黒  澤  光  司  君   10番   強  矢  好  光  君
 11番   今  井  太 喜 男  君   12番     根     登  君
 13番   神  田     武  君   14番   小  菅    信  君

欠席議員 なし

地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
 町  長  福  島  弘  文  君   副 町 長  新  井  竹  男  君
 教 育 長  岡  村    ェ    君   会  計  守  屋  芳  郎  君
                       管 理 者
 総務課長  須  田    修    君   総合政策  近  藤  良  一  君
                       課  長
 税務課長  笠  原  敏  彦  君   住民課長    橋    稔    君


 衛生課長  竹  内  清  宏  君   保健福祉  浅  香    章    君
                       課  長
 両神庁舎  南     伊 知 郎  君   産業観光  横  田  岩  雄  君
 管理課長                  課  長

 建設課長  豊  田    均    君   学校教育  加  藤  八 十 夫  君
                       課  長
 社会教育  三  枝  健  男  君   小 鹿 野  新  井  邦  男  君
 課  長                  中  央
                       公民館長
 図書館長  大 久 保  勝  利  君   病  院  猪  野  龍  男  君
 兼 両 神                  事 務 長
 公民館長
 病  院  常  木  修  一  君   水道課長  黒  沢  一  郎  君
 医事課長

本会議に出席した事務局職員
 事務局長  黒  澤  耕 太 郎      書  記    田  行  敏


    開会及び開議の宣告
議長(強矢好光君) おはようございます。
  ただいまの出席議員は14名で、定足数に達しておりますので、平成23年第6回小鹿野町議会臨時会を開会いたします。
  次に、町長から議会招集のあいさつがありますので、お聞き取り願います。
  町長、福島弘文君。
          〔町長 福島弘文君登壇〕
町長(福島弘文君) おはようございます。本日ここに、平成23年11月臨時町議会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご健勝にてご参会を賜り、当面する町政の諸議案をご審議いただきますことは、町政進展のためまことに感謝にたえないところであります。
  今回の臨時町議会における諸議案の概要につきましては、後ほどご説明申し上げ、その審議を賜りたいと存じます。
  さて、去る10月19日、上田清司埼玉県知事がとことん訪問におきまして、両神山麓花の郷 ダリア園を視察に来町されました。そして、その際の様子などを埼玉県のホームページで「圧巻! 両神山麓花の郷 ダリア園」と題して知事の感想が発信されました。その一文を紹介しますと、「6,000平方メートルの敷地の中に260種、4,500株のダリアが咲いております。これがまた素晴らしい光景であります」「今まさに咲き誇っております」「本当に大変な量と種類でありますので、とにかくビックリいたしました」「秩父といえば、羊山公園の芝桜が大変有名でありますが、私はこの「両神山麓花の郷 ダリア園」も秩父地域の隠れた名所として紹介したいと思います。これまでもこのブログで、県内の花の名所を御紹介しておりますが、このダリア園のことを私は昨日まで知りませんでした。実際に行ってみましたら、本当に圧倒されたという印象です。花が好きな方にはたまらないのではないかと思います」。そして、ブログの最後に、「今年も11月3日の文化の日まで開園しておりますので、秩父方面に旅行される方は、是非このダリア園に足を運んでいただきたいと思います」と、このようにホームページから広く県内外に向けて情報の発信をしていただきました。このことは、地元関係者の皆さんにとりましてもこの上のない喜びと励ましになったことと思います。
  また、ご存じのとおり剣武関が9月場所で勝ち越しし、昨日の九州場所の番付発表で見事新入幕を果たしました。秩父におきましては、若秩父以来53年ぶりの快挙であり、まさに郷土の誇りであります。今後もぜひ頑張っていただくよう願っております。
  これから朝晩の冷え込みも厳しくなってまいりますが、議員各位におかれましては健康に留意され、ご活躍されるとともに、今後とも町政進展のため引き続きご指導、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
  以上、簡単ではありますが、本臨時町議会の開会に当たりましての私のあいさつといたします。本日は大変ご苦労さまでございます。
議長(強矢好光君) これより直ちに本日の会議を開きます。
  以下、日程に従いまして議事を進めてまいります。
                                   (午前10時05分)

    会議録署名議員の指名
議長(強矢好光君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
  会議規則第120条の規定により、議長から指名いたします。4番、岩田和幸君、5番、橋聡君、6番、岩田實君、以上の3名の諸君を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

    会期の決定
議長(強矢好光君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。
  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日とすることにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、本臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。

    町長提出議案の説明
議長(強矢好光君) 次に、日程第3、町長提出議案の説明を求めます。
  町長、福島弘文君。
          〔町長 福島弘文君登壇〕
町長(福島弘文君) 今回の臨時会におきましてご審議をお願いいたします諸議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。
  まず最初に、同意第2号 小鹿野町教育委員会委員の任命については、委員が辞職したため、後任の委員を任命したいので、議会の同意を求めるものであります。
  次に、同意第3号 小鹿野町教育委員会委員の任命については、委員の任期が満了するため、委員の任命をしたいので、議会の同意を求めるものであります。
  次に、同意第4号から同意第6号までの小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任については、委員の任期が満了するため、委員の任命をしたいので、議会の同意を求めるものであります。
  今回ご提案申し上げました議案の概要は以上のとおりでありますが、何とぞ慎重ご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。
  以上で説明とさせていただきます。

    同意第2号 小鹿野町教育委員会委員の任命について
     同意第3号 小鹿野町教育委員会委員の任命について

議長(強矢好光君) 次に、日程第4、同意第2号及び日程第5、同意第3号 小鹿野町教育委員会委員の任命についての2議案を一括上程し、議題といたします。
  提案理由の説明を求めます。
  町長、福島弘文君。
          〔町長 福島弘文君登壇〕
町長(福島弘文君) 上程いただきました同意第2号についてご説明申し上げます。
  小鹿野町教育委員会委員の任命について。小鹿野町教育委員会委員に次の者を任命することについて同意を求めるものでございます。
  住所は秩父郡小鹿野町下小鹿野1967番地、小池恭一、昭和43年5月2日生まれ。
  提案理由といたしまして、小鹿野町教育委員会委員茂木克彦氏が辞職したため、後任として小池恭一氏を任命することについて同意を得たいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、この案を提出するものであります。
  なお、任期につきましては、茂木氏の残任期間でございまして、25年11月10日まででございます。
  小池氏の略歴等について申し上げたいと思います。平成2年に専門学校東京法律工学院を卒業後、税理事務所に勤め、現在は坂本商事税理事務所にお勤めでございます。今の役職として、小鹿野中学校のPTAの会長並びに第1支団第4分団長等歴任しております。
  以上で同意第2号についての説明にさせていただきます。
  続きまして、同意第3号についてご説明を申し上げたいと思います。小鹿野町教育委員会委員の任命について。小鹿野町教育委員会委員に次の者を任命することについて同意を求めるものでございます。
  住所は秩父郡小鹿野町下小鹿野3585番地、朝比奈玲子、昭和38年1月6日生まれでございます。
  提案理由といたしまして、小鹿野町教育委員会委員朝比奈玲子氏の任期が、平成23年11月10日で満了するため、同氏を任命することについて同意を得たいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、この案を提出するものであります。
  以上で同意第2号並びに同意第3号についての説明にかえさせていただきます。
議長(強矢好光君) 同意第2号及び同意第3号の説明が終わりました。
  初めに、同意第2号に対する質疑がございましたら発言願います。
  3番、橋喜久子君。
3番(橋喜久子君) 前回、教育委員の任命につきまして、佐々木さんがやめられたときは、議会にかけられる前、佐々木さんには耳打ちしていなかったということでございますが、きょうの2名の方につきましては議会前に本人にはお話をしてあるのでしょうか。町長、お願いいたします。
議長(強矢好光君) 町長、福島弘文君。
町長(福島弘文君) 今回の同意第2号でございますけれども、前任者が辞任しておりまして、今度のお願いする方については私もお話をしてございます。
  同意第3号につきましては、再任でございますから、当然私も行ってお話をしてございます。
議長(強矢好光君) 4番、岩田和幸君。
4番(岩田和幸君) この同意をきょう資料を出していただきまして、きょうに同意するということなのですけれども、これは本来であれば議案は地方自治法で5日前までだったと思います、たしか。5日前までに議員のほうにという条項があったと思うのですけれども、これは入らないのですか。もし入らなくても、こういうものはせめて5日間ぐらい前に議員の手元に届くようにしないと、これはなかなか単純に。初めて私もこの小池さんという名前を聞いたというか、知ったぐらいで、同意しろと、これは非常に難しいのですけれども、その辺については今後早目ということはできないでしょうか。
議長(強矢好光君) 休憩いたします。
                                   (午前10時16分)

議長(強矢好光君) 再開いたします。
                                   (午前10時18分)

議長(強矢好光君) 町長、福島弘文君。
町長(福島弘文君) いろいろとありますけれども、人事案件について今までもそういうふうな当日配付ということでお願いをしてございました。そういうことでございますので、ぜひご理解賜りたいと思うわけでございます。
議長(強矢好光君) ほかにございますか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑も終わったようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  同意第2号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第2号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  次に、同意第3号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  同意第3号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第3号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

    同意第4号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
     同意第5号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について
     同意第6号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について

議長(強矢好光君) 次に、日程第6、同意第4号ないし日程第8、同意第6号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任についての3議案を一括上程し、議題といたします。
  提案理由の説明を求めます。
  町長、福島弘文君。
          〔町長 福島弘文君登壇〕
町長(福島弘文君) ただいま上程いただきました同意第4号から同意第6号までについて順次ご説明申し上げます。
  同意第4号でございますけれども、小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について。小鹿野町固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任することについて同意を求めるものでございます。
  住所は秩父郡小鹿野町日尾1161番地1、新井武好、昭和21年8月15日生まれ。
  提案理由といたしまして、小鹿野町固定資産評価審査委員会委員新井武好氏の任期が、平成23年11月10日で満了するため、同氏を選任することについて同意を得たいので、地方税法第423条第3項の規定により、この案を提出するものでございます。
  続きまして、同意第5号についてご説明を申し上げます。小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について。小鹿野町固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任することについて同意を求めるものでございます。
  住所として秩父郡小鹿野町三山385番地1、高橋章、昭和27年6月29日生まれ。
  提案理由といたしまして、小鹿野町固定資産評価審査委員会委員高橋章氏の任期が、平成23年11月10日で満了するため、同氏を選任することについて同意を得たいので、地方税法第423条第3項の規定により、この案を提出するものでございます。
  続きまして、同意第6号 小鹿野町固定資産評価審査委員会委員の選任について。小鹿野町固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任することについて同意を求めるものでございます。
  住所、秩父郡小鹿野町両神薄3529番地、出浦信行、昭和21年11月22日生まれ。
  提案理由といたしまして、小鹿野町固定資産評価審査委員会委員出浦信行氏の任期が、平成23年11月10日で満了するため、同氏を選任することについて同意を得たいので、地方税法第423条第3項の規定により、この案を提出するものでございます。
  以上で同意第4号から同意第6号までの提案理由の説明とさせていただきます。
議長(強矢好光君) 同意第4号ないし同意第6号の説明が終わりました。
  最初に、同意第4号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  同意第4号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第4号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  次に、同意第5号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  同意第5号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第5号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  次に、同意第6号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  同意第6号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第6号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  ここで暫時休憩いたします。
                                   (午前10時25分)

議長(強矢好光君) 再開いたします。
                                   (午前10時25分)

    日程の追加
議長(強矢好光君) ここで、申し上げます。
  ただいま発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則及び発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例の2議案が11番、今井太喜男君から提出されました。
  この際、発議第2号及び発議第3号の2議案を日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則及び発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例の2議案を日程第9及び日程第10として追加し、議題とすることに決定いたしました。

    発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則
     発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例

議長(強矢好光君) 日程第9、発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則及び日程第10、発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例の2議案を一括上程し、議題とします。
  発議案の朗読を事務局長にいたさせます。
事務局長(黒澤耕太郎君) 朗読いたします。
  発議第2号
小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則
  小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則を別紙のとおり提出する。
   平成23年11月1日
     小鹿野町議会議長 強 矢 好 光 様
                       提出者
                       小鹿野町議会議員   今 井 太喜男
                       賛成者
                       小鹿野町議会議員   山 ア 京 子
                           〃        橋   聡
                           〃       岩 田   實
                           〃       渡 辺 政 治
                           〃       神 田   武
       趣 旨 説 明
  議会での議員の質問に対して、町長及び執行機関の職員等が反問をすることを認めるため、この案を提出するものである。
小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則
  小鹿野町議会会議規則(平成17年小鹿野町議会規則第1号)の一部を次のように改正する。
  第51条第2項の次に次の1条を加える。
  (町長等の反問)
  第51条の2 議長から会議への出席を要請された町長又は執行機関の職員、教育委員会の委員長、選挙管理委員会の委員長、公平委員会の委員長、農業委員会の会長及び監査委員その他法律に基づく委員会の代表者又は委員並びにその委任又は嘱託を受けた者は、議員の質問に対して議長の許可を得て反問することができる。
    附 則
  この規則は、平成23年12月1日から施行する。
  引き続き朗読いたします。
  発議第3号
小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例
  小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり提出する。
   平成23年11月1日
     小鹿野町議会議長 強 矢 好 光 様
                       提出者
                       小鹿野町議会議員   今 井 太喜男
                       賛成者
                       小鹿野町議会議員   山 ア 京 子
                           〃         橋  聡
                           〃       岩 田   實
                           〃       渡 辺 政 治
                           〃       神 田   武
       趣 旨 説 明
  議会委員会での議員の質問に対して、町長及び執行機関の職員等が反問をすることを認めるため、この案を提出するものである。
小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例
  小鹿野町議会委員会条例(平成17年小鹿野町条例第197号)の一部を次のように改正する。
  第29条を第30条とし、第20条から第28条までを1条ずつ繰り下げる。
  第19条を削り、第18条を第20条とし、第15条から第17条までを2条ずつ繰り下げ、第14条の次に次の2条を加える。
  (出席説明の要求)
  第15条 委員会は、町長又は執行機関の職員、教育委員会の委員長、選挙管理委員会の委員長、公平委員会の委員長、農業委員会の会長及び監査委員その他法律に基づく委員会の代表者又は委員並びにその委任又は嘱託を受けた者(以下「町長等」という。)に対し、委員会の審査又は調査に必要な説明のため出席を求めようとするときは、議長を経てしなければならない。
  (町長等の反問)
  第16条 常任委員会、特別委員会への出席を要請された町長等は、議員の質問に対して委員長の許可を得て反問することができる。
    附 則
  この条例は、平成23年12月1日から施行する。
  以上で朗読を終わります。
議長(強矢好光君) 朗読が終わりましたので、次に提出者の説明を求めます。
  11番、今井太喜男君。
          〔11番 今井太喜男君登壇〕
11番(今井太喜男君) 発議第2号及び発議第3号について提案理由を申し上げます。
  発議第2号 小鹿野町議会会議規則の一部を改正する規則及び発議第3号 小鹿野町議会委員会条例の一部を改正する条例については、ただいま議会事務局長より朗読のあったとおりでありますが、この改正については、8月に当議会で北海道栗山町議会の視察研修を行った中で、栗山町議会基本条例という条例が定めてあり、その中に「町長等は、議員の質問に対して議長又は委員長の許可を得て反問することができる」という一項がありました。これは私たちの議会の規則、条例にはないものであり、その意味、効果について伺ったところ、反問できるとの一項があることにより、議員各自発言に対し勉強し、また緊張感を持って臨むこととなった等の説明をいただきました。
  当町議会でもこの一項を加え、議員自身の資質の向上や質疑等がより深まり、議会が活性化されることを願いまして提出したものでございます。議員各位にはご理解をいただき、可決いただきたくお願いいたします。
  以上、提案理由の説明といたします。
議長(強矢好光君) 説明が終わりましたので、最初に発議第2号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  発議第2号は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、発議第2号は原案のとおり決定いたしました。
  次に、発議第3号に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  発議第3号は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(強矢好光君) 異議なしと認めます。
  よって、発議第3号は原案のとおり決定いたしました。
  ここで暫時休憩といたします。
                                   (午前10時35分)

          〔議長、副議長と交代〕
副議長(加藤喜一君) 再開いたします。
                                   (午前11時05分)

    日程の追加
副議長(加藤喜一君) ただいま議長、強矢好光君から議長辞職願が提出されました。したがいまして、地方自治法第106条の規定により、本件を審議する間、副議長の私が議事を進行いたします。
  お諮りいたします。この際、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
副議長(加藤喜一君) 異議なしと認めます。
  よって、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

    議長辞職許可について
副議長(加藤喜一君) 日程第11、議長辞職許可についてを議題といたします。
  強矢好光君は地方自治法第117条の除斥の規定により退場をお願いいたします。
          〔10番 強矢好光君退場〕
副議長(加藤喜一君) ここで、辞職願を事務局長に朗読いたさせます。
事務局長(黒澤耕太郎君) 朗読いたします。
                                   平成23年11月1日
    小鹿野町議会副議長 加 藤 喜 一 様

                           小鹿野町議会議長 強 矢 好 光

                 辞   職   願
  このたび、一身上の都合により議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。
  以上です。
副議長(加藤喜一君) お諮りいたします。
  強矢好光君の議長辞職願を許可することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
副議長(加藤喜一君) 異議なしと認めます。
  よって、強矢好光君の議長辞職願を許可することに決定いたしました。
  強矢好光君、入場願います。
          〔10番 強矢好光君入場〕

    議長退任のあいさつ
副議長(加藤喜一君) ここで、強矢好光君から議長退任のあいさつがありますので、お聞き取り願います。
          〔10番 強矢好光君登壇〕
10番(強矢好光君) ただいま副議長のほうから話ありましたように、私議員の皆様に2年間大変お世話になり、そして執行部の方にも大変2年間お世話になりまして、何とか無事に自分の任務をできたと感じております。
  今まで大変お世話になりました。今後とも皆様方にはいろいろな面でお世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

    日程の追加
副議長(加藤喜一君) ただいま議長が欠員となりました。
  お諮りいたします。この際、議長選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
副議長(加藤喜一君) 異議なしと認めます。
  よって、議長の選挙を日程に追加し、議長選挙を行うことと決定いたしました。

    議長選挙
副議長(加藤喜一君) 日程第12、議長選挙を行います。
  選挙の方法は投票で行います。
  議場の出入り口を閉鎖いたします。
          〔議場閉鎖〕
副議長(加藤喜一君) ただいまの出席議員は14人です。
  ここで、会議規則第32条第2項の規定により立会人を指名いたします。2番、皆本富男君、11番、今井太喜男君、12番、根登君、以上3名の諸君を立会人に指名いたします。
  投票用紙を配付いたします。
          〔投票用紙配付〕
副議長(加藤喜一君) 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。
  投票用紙の配付漏れはございませんか。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
副議長(加藤喜一君) 配付漏れなしと認めます。
  投票箱を点検いたします。
          〔投票箱点検〕
副議長(加藤喜一君) 異状なしと認めます。
  ただいまから投票を行います。
  1番議員から順次投票をお願いいたします。
          〔投  票〕
副議長(加藤喜一君) 投票漏れはございませんか。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
副議長(加藤喜一君) 投票漏れなしと認めます。
  投票を終わります。
  これより開票を行います。
  先ほど立会人に指名いたしました3名の諸君は、開票の立ち会いをお願いいたします。
          〔開  票〕
副議長(加藤喜一君) 選挙の結果を報告いたします。
  投票総数14票
    有効投票 14票
  有効投票中 渡 辺 政 治 君  13票
        山 ア 京 子 君  1票
  以上のとおりです。
  この選挙の法定得票数は4票です。よって、渡辺政治君が議長に当選されました。
  議場の出入り口の閉鎖を解きます。
          〔議場開鎖〕
副議長(加藤喜一君) ただいま議長に当選されました渡辺政治君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、本席より当選の告知をいたします。

    議長就任のあいさつ
副議長(加藤喜一君) それでは、議長に当選されました渡辺政治君に就任のあいさつをお願いいたしたいと思います。お願いします。
          〔8番 渡辺政治君登壇〕
8番(渡辺政治君) ただいま議長選挙の結果、当選をさせていただきました。本当に光栄に存じます。
  今後2年間、町民の目線で、また町民の皆さんに信頼される議会に一生懸命、誠心誠意取り組んでいきたいというふうに考えます。どうか議場の皆さんのご協力をお願いし、よりよい小鹿野町にしていきたいという考えでございます。本当にありがとうございました。
副議長(加藤喜一君) これをもちまして私の職務はすべて終了いたしました。皆様のご協力に感謝申し上げます。議長席を交代いたします。
  それでは、渡辺政治君、議長席へお着きお願いします。
          〔副議長、議長と交代〕
議長(渡辺政治君) それでは、ここで暫時休憩いたします。
                                   (午前11時25分)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午前11時44分)

    日程の追加
議長(渡辺政治君) ただいま副議長、加藤喜一君から副議長の辞職願が提出されました。
  ここでお諮りいたします。この際、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることと決定いたしました。

    副議長辞職許可について
議長(渡辺政治君) 日程第13、副議長辞職許可についてを議題といたします。
  加藤喜一君は地方自治法第117条の除斥の規定により退場を願います。
          〔7番 加藤喜一君退場〕
議長(渡辺政治君) ここで、辞職願を事務局長に朗読いたさせます。
事務局長(黒澤耕太郎君) 朗読いたします。
                                   平成23年11月1日
    小鹿野町議会議長 渡 辺 政 治 様

                          小鹿野町議会副議長 加 藤 喜 一

                 辞   職   願
  このたび、一身上の都合により副議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。
  以上です。
議長(渡辺政治君) お諮りいたします。
加藤喜一君の副議長辞職を許可することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、加藤喜一君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。
  加藤喜一君、入場願います。
          〔7番 加藤喜一君入場〕

    副議長退任のあいさつ
議長(渡辺政治君) ここで、加藤喜一君から副議長退任のあいさつがありますので、お聞き取りを願います。
          〔7番 加藤喜一君登壇〕
7番(加藤喜一君) 先ほど辞職願を提出し、皆さんに受理していただきまして、ありがとうございました。2年間、強矢議長のもと、副議長として皆様方のお力添えをいただきまして難なく副議長席を全うできましたことは、皆様のご協力のたまものと深く感謝申し上げます。これからもまた皆様方と一緒に小鹿野町の議会活動を一生懸命やっていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。大変2年間ありがとうございました。

    日程の追加
議長(渡辺政治君) ただいま副議長が欠員となりました。
  お諮りいたします。この際、副議長選挙を日程に追加し、選挙したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

    副議長選挙
議長(渡辺政治君) 日程第14、副議長選挙を行います。
  選挙の方法は投票で行います。
  議場の出入り口を閉鎖いたします。
          〔議場閉鎖〕
議長(渡辺政治君) ただいまの出席議員は14人です。
  ここで、会議規則第32条第2項の規定により立会人を指名いたします。3番、橋喜久子君、9番、黒澤光司君、10番、強矢好光君、以上の3名の諸君を立会人に指名いたします。
  投票用紙を配付いたします。
          〔投票用紙配付〕
議長(渡辺政治君) 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。
  投票用紙の配付漏れはございませんか。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 配付漏れなしと認めます。
  投票箱を点検いたします。
          〔投票箱点検〕
議長(渡辺政治君) 異状なしと認めます。
  ただいまから投票を行います。
  1番議員から順次投票をお願いいたします。
          〔投  票〕
議長(渡辺政治君) 投票漏れはございませんか。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 投票漏れなしと認めます。
  投票を終わります。
  これより開票を行います。
  先ほど立会人に指名いたしました3名の諸君は、開票の立ち会いをお願いします。
          〔開  票〕
議長(渡辺政治君) 選挙の結果を報告いたします。
  投票総数14票
    有効投票 14票
  有効投票中 岩 田   實 君  11票
         橋 喜久子 君  2票
        山 ア 京 子 君  1票
  以上のとおりです。
  この選挙の法定得票数は4票です。よって、岩田實君が副議長に当選されました。
  議場の出入り口の閉鎖を解きます。
          〔議場開鎖〕
議長(渡辺政治君) ただいま副議長に当選されました岩田實君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、本席より当選の告知をいたします。

    副議長就任のあいさつ
議長(渡辺政治君) それでは、副議長に当選されました岩田實君に就任のあいさつをお願いいたします。
  岩田實君、登壇願います。
          〔6番 岩田 實君登壇〕
6番(岩田 實君) ただいま議員の皆様には大変ありがとうございました。私も新議長の渡辺政治さんの補佐として議会活動、また小鹿野町のために一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。
議長(渡辺政治君) ここで、暫時休憩といたします。

(正  午)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午後 1時28分)

    日程の追加
議長(渡辺政治君) お諮りいたします。
  小鹿野町議会委員会条例第3条第1項の規定により、常任委員の任期は2年となっております。この際、常任委員会の委員の選任についてを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、常任委員会の委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
  暫時休憩いたします。
                                   (午後 1時30分)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午後 2時30分)

    常任委員会の委員の選任
議長(渡辺政治君) 日程第15、常任委員会の委員の選任についてを議題といたします。
  常任委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。
  委員会名及び常任委員の氏名を事務局長に朗読いたさせます。
事務局長(黒澤耕太郎君) 朗読いたします。敬称は略させていただきます。
  総務常任委員会
    皆 本 富 男    橋 喜久子    橋   聡   渡 辺 政 治
    今 井 太喜男    根   登   神 田   武
  文化厚生常任委員会
    山 ア 京 子   岩 田 和 幸   岩 田   實   加 藤 喜 一
    黒 澤 光 司   強 矢 好 光   小 菅  信
  以上です。
議長(渡辺政治君) お諮りいたします。
  ただいま事務局長が朗読したとおり常任委員に選任したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、ただいま指名いたしました諸君をそれぞれ常任委員に選任することに決定いたしました。
  各常任委員の諸君は休憩中に委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。
  ここで暫時休憩いたします。
                                   (午後 2時32分)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午後 2時32分)

    各常任委員会の正副委員長の互選
議長(渡辺政治君) 休憩中に常任委員会が開催され、委員長、副委員長が互選されましたので、この氏名を報告いたします。
  総務常任委員会委員長      橋 喜久子 議員
         副委員長    皆 本 富 男 議員
  文化厚生常任委員会委員長   岩 田 和 幸 議員
           副委員長  山 ア 京 子 議員
  以上です。

    日程の追加
議長(渡辺政治君) お諮りいたします。
  小鹿野町議会委員会条例第5条第3項の規定により、議会運営委員会の委員の任期は2年となっております。この際、議会運営委員会の委員の選任についても日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、議会運営委員会の委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

    議会運営委員会の委員の選任
議長(渡辺政治君) 日程第16、議会運営委員会の委員の選任についてを議題といたします。
  議会運営委員の選任についても、委員会条例第7条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。
  ここで、議会運営委員の氏名を事務局長に朗読いたさせます。
事務局長(黒澤耕太郎君) 朗読いたします。敬称は略させていただきます。
  議会運営委員会委員
     橋 喜久子   岩 田 和 幸    橋   聡   黒 澤 光 司
    強 矢 好 光    根   登
  以上です。
議長(渡辺政治君) お諮りいたします。
  ただいま事務局長が朗読したとおり議会運営委員に選任いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、ただいま指名いたしました諸君を議会運営委員に選任することに決定いたしました。
  議会運営委員の諸君は休憩中に委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。
  暫時休憩いたします。
                                   (午後 2時34分)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午後 2時34分)

    議会運営委員会の正副委員長の互選
議長(渡辺政治君) 休憩中に議会運営委員会が開催され、委員長、副委員長が互選されましたので、その氏名を報告いたします。
  議会運営委員長      根   登 議員
      副委員長     橋   聡 議員
  以上のとおりです。

    日程の追加
議長(渡辺政治君) ここで申し上げます。
  秩父広域市町村圏組合議会議員、渡辺政治君より組合議長あてに辞職願が出され、許可されております。したがいまして、小鹿野町選出の当組合議員に欠員が生じております。
  お諮りいたします。この際、秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙を日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

    秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙
議長(渡辺政治君) 日程第17、秩父広域市町村圏組合議会議員の選挙を行います。
  本組合の議会議員は、組合規約第7条の規定により、本町議会から1名を選挙することになっております。
  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。
  お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、議長において指名することに決定いたしました。
  秩父広域市町村圏組合議会議員に黒澤光司君を指名いたします。
  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました黒澤光司君を秩父広域市町村圏組合議会議員の当選人と定めることとしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、ただいま指名いたしました黒澤光司君が秩父広域市町村圏組合議会議員に当選されました。
  ただいま当選されました黒澤光司君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により、本席より告知いたします。
  ここで暫時休憩いたします。
                                   (午後 2時39分)

議長(渡辺政治君) 再開いたします。
                                   (午後 2時41分)

    日程の追加
議長(渡辺政治君) ただいま町長から同意第7号 小鹿野町監査委員の選任についてが提出されました。この際、これを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第7号 小鹿野町監査委員の選任についてを日程に追加することに決定いたしました。

    同意第7号 小鹿野町監査委員の選任について
議長(渡辺政治君) 日程第18、同意第7号 小鹿野町監査委員の選任についてを上程し、議題といたします。
  今井太喜男君は、地方自治法第117条の除斥の規定により、退場願います。
          〔11番 今井太喜男君退場〕
議長(渡辺政治君) 提案理由の説明を求めます。
  町長、福島弘文君。
          〔町長 福島弘文君登壇〕
町長(福島弘文君) ただいま上程いただきました同意第7号についてご説明申し上げます。
  小鹿野町監査委員の選任について。
  小鹿野町監査委員に次の者を選任することについて同意を求めるものでございます。
  秩父郡小鹿野町両神小森3848番地
  今  井  太喜男
  昭和16年10月15日生まれ
  提案理由といたしまして、小鹿野町監査委員根登氏が平成23年11月1日に辞職したため、後任として今井太喜男氏を選任することについて同意を得たいので、地方自治法第196条第1項の規定により、この案を提出するものであります。
  以上で提案説明とさせていただきます。
議長(渡辺政治君) 説明が終わりましたので、本案に対する質疑がございましたら発言願います。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 質疑もないようですので、これにて質疑を終結し、討論を求めます。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 討論もないようですので、これにて討論を終結し、採決いたします。
  本案は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、同意第7号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  今井太喜男君、入場願います。
          〔11番 今井太喜男君入場〕
議長(渡辺政治君) 休憩いたします。
                                   (午後 2時44分)

議長(渡辺政治君) 再開します。
                                   (午後 2時44分)

    日程の追加
議長(渡辺政治君) ここでお諮りいたします。
  ただいま議会運営委員長から会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、閉会中の継続調査についての申し出がありました。
  ついては、議会運営委員長から申し出のあったとおり、これを日程に追加し、議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、本件は議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査についてを日程追加し、議題とすることに決定いたしました。

    閉会中の継続調査について
議長(渡辺政治君) 日程第19、閉会中の継続調査についてを上程し、議題といたします。
  お諮りいたします。本件は議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
議長(渡辺政治君) 異議なしと認めます。
  よって、本件は議会運営委員長からの申し出のとおり決定いたしました。

    閉会の宣告
議長(渡辺政治君) これにて平成23年第6回小鹿野町議会臨時会を閉会いたします。
  大変ご苦労さまでした。
                                   (午後 2時45分)