〒368-0192 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89番地
電話0494-75-1221(代表)FAX 0494-75-2819
E-mail : ogano@town.ogano.lg.jp
ホームお問い合せ
トップページ>文化財5
1 法養寺薬師堂 薬師堂は、戦国時代に鉢形城主北条氏邦が古堂を移築したものと伝えられています。
構造は、桁行き・桁間ともに三間、一間の向拝がついている。寄棟造りで、屋根は昭和53年に銅板葺きかえられました。建築様式は、和洋に唐様が入り交じり、建物軸部の木割りが太く、組み物は繊細な感じをそなえ、ヤリガンナで仕上げられています。
2 木造十二神将立像
木造日光菩薩・月光菩薩立像
 薬師堂の堂内に安置されています。
 十二神将像は、いずれの像も割矧造り、彫眼、彩色が施され、脚ほぞ部には墨書銘があることから、天正13年から14年のかけて、北条氏邦とその家臣団が旦那となって奉納されていることがうかがえます。
日光菩薩・月光菩薩像は、寄木造、彫眼で、その作風から、十二神将像と同時期の制作と推定されています。
3 出原の天気占い
毎年2月25日に、農作物の豊凶にもっとも影響を及ぼす1年の天気を予知するため、諏訪神社の祭礼の神事として行われています。
4 甲源一刀流逸見氏練武道場
 小説「大菩薩峠」で有名な甲源一刀流の練武道場です。この道場は、木造平屋建で白壁をめぐらし武者窓がつけられています。稽古場の面積は10坪,控室が2.5坪あり、稽古場に続いて一段高く床の間付きの師範席があります。
5 福寿草の群落
 群落は、3カ所が指定されており、3月上旬から4月中旬にかけて、黄金色の一重咲きの美しい花を咲かせます。
6 塩沢城跡
 戦国時代の山城で、長尾意玄入道影春が一時籠城したと伝えられています。柏沢と塩沢の両集落の分水嶺をなす「城山」の頂上付近にあります。
7 加藤民也先生碑
両神村の教師として、学制領布直後の小森学校・四阿屋学校に奉職し、師弟の教導に尽力したことにより、師弟たちが徳を慕って建立したものです。
8 甲源一刀流 逸見愛作寿碑
 甲源一刀流29世・逸見愛作の履歴を記した石碑で、明治33年に建立されたものです。幕末から明治時代に活躍した政治家・榎本武揚が篆額を、撰文と書を雨宮春譚が行っています。  
9 出浦市郎左衛門頌徳碑
 出浦家は、江戸時代における薄村4組のうちの一つ、中郷名主を世襲で勤めた旧家で、市郎左衛門は、天保13年(1842)2月17日に、兄の死により名主役について以来、幕末の動乱期から明治の激動期をのりこえた 人物です。
10 竹内いし女墓・褒賞
 いしは、天保4年5月14日に、薄村の貧しい農家に生まれ、12歳のときから、両親の病苦と家の経済とを助け、18歳のとき村の医師・堤家の下女となるが、両親への孝道を怠りませんでした。後に明治の7大孝士の一人と称され、緑綬褒章を下賜されています。