2014年の路地ST.は、雨に始まり雨に終わりました。
 関東地方は路地ST.開催前より集中豪雨に見舞われ、大雨洪水注意報が発令中。しかし、多くの関係者は頑張りました。
 各イベントブースは、ブルーシートを張るなど工夫して皆様をお迎えしました。
 残念なことに、多くの集客はありませんでしたが、この雨の中とは思えないほどのにぎわいではありました。
 お客様&関係者の多くの皆様方に、雨の中ご苦労いただきましたことに感謝申し上げます。
■BOXアート
縦30cm×横30cmの箱の中に広がる芸術作品。この限られたスペースでどのような芸術を展開するのか、毎回ドキドキさせられます。今回も様々な作品が出品されました。そのすべてを紹介することができないのが残念でなりません。
 ■花回廊
     
市街地を舞台に繰り広げられる花の祭典。限られた花を使っていかに見せるかが勝負です。今回は14団体の作品が飾られました。見事第1位に選ばれたのは「上2丁目グランドゴルフ」の会。テーマは「世界遺産 富士山」でした。ブルーのビニールと綿で表現された空と雲。白い花による富士の雪。小さな松の盆栽で表現された「三保ノ松原」や本物のメダカも泳ぐ「河口湖」など細かな芸も最高。
 ■箏・三味線
     
雨のせいもありましたが、ここは大にぎわいでした。(テントがあったので)
雨が降らなくても、小鹿野の町に箏や三味線の音はベストマッチなので、例年、賑わいを見せるのがこの場所です。今年は私の知る限りですが、一日中ここにいて(お酒など嗜みながら)楽しんでいた方がいました・・・・・・
 
■町衆歌舞伎 
     
午前11時と午後1時の2回、町中の役者が歌舞伎を上演。ここも雨に苦労したようですが・・・
このトラックの舞台で行う歌舞伎が、歌舞伎ツウにはたまらないようです。 
■ライダーズカフェ 
    今年も3輪オートバイ(トライク?)のトゥクトゥクが控えていたんですが・・・
雨の影響で、動いているのを見ることができませんでした。雨のために訪れるライダーも少なかったようです。
雨にゃぁ〜〜かないません。
■子ども広場 
     
ここも、雨が降らなければ子供たちが広場いっぱい使って、元気に飛び回っているはずなんですが。テント2張りと集会所のなかしか使えず、ちょっとキツキツでしたが、それでも子供たちは元気ですね〜。にぎやかな子供たちの歓声が聞こえていました。
■隈取りアート 
     
 「これをやりたくて、わざわざ来てくれる方もいるんですよ」とは、隈取りを書いている職人の皆様から聞いた言葉です。これを始めた当初は、私も何度か実験台になりました。そんな苦節の時代もありましたが、いまやすっかり小鹿野のイベントに定着した隈取りアート。路地ST.ではこれを書いていない人を見つけるのが大変なほどです。
■町なか展 
     
  イーゼルに飾られた絵や、石膏の作品。
さらに、個人のお宅で飾っていただいている見事なサツキの鉢植え。
これらすべてが、作品です。
雨にもかかわらず、多くの作品が展示されました。
 
■二胡ライブ  
    前夜祭での二胡ライブ
三味線とキーボードと二胡の演奏が素晴らしかったです。
3人とも地元小鹿野高校の卒業生です。
素晴らしい音色に酔いました。
     
■尾ノ内氷柱写真展 
     
尾ノ内では氷柱写真展を開催いたしましたが、いつものかき氷は不発・・・やはり雨にやられました。
尾ノ内氷柱キャラクターのつららんも、雨で出番なし・・・と思っていたら、Ackoライブに登場して、積極的に名刺配りしておりました。
■お寺deらいぶ 
     
市街地の中心部、十輪寺で行われたお寺deらいぶですが、雨の合間をぬってのパフォーマンスも見られました。ここも多くのグループに参加いただき、終日にぎやかに行われました。(雨さえ降っていなければ、もっと大勢の方がいるのに・・・・・と、ここでも何度も感じました)
本来は、楽器にとって雨は御法度でしょうが、皆様の情熱に感謝です。
 
■山口清文写真展 
     
今年2月に秩父地方を襲った豪雪。この記録的豪雪をカメラに収めた力作。巨匠山口清文∩(アンド)その仲間たちによる数々の記録写真を紹介。その数はコンパネ23枚にも及びました。これを見た人は、「あ〜、そうそう、雪ではあんなに苦労したっけ。あんなに苦労しても、雪って時期が来るとなくなっちゃうんだよね〜〜」って言ってました。 
■路地点描 
     
主催者とすると、何とも恨めしい雨模様。雨が止んではまた降って、時に豪雨も。そんな安定しないお天気にもかかわらず、市街地内を歩いてくれた人はおよそ2,000人にも及びました。感謝。 
■秩父屋台囃子 
     
太鼓にとって、雨は天敵です。そんな悪条件にもかかわらず、多くの皆様によりにぎやかに屋台囃子が演奏されました。テントの設置やブルーシートなど、すべて団体の皆様による設営です。こうした皆様のおかげで路地ST.は成り立っております。だから、雨なんて降らないでほしかった・・・・・・ 
■おがの路地グルメ 
    この画像は、路地グルメにちゃんと参加しないと撮影できない画像です。
路地グルメのシステムは、3,000円支払って5枚つづりの券(5軒回れることになります)を買う。この券を1枚、店に出すと、ワンドリンクワンフードがいただけます。
もし券が余った場合は、後日になってもバンビサービス協同組合加盟店で使うことができます。
私の場合は、3軒ハシゴしたら券がなくなりましたが。
     
■エトセトラ 
     
     
    左上:路地ST.と言えば風車
中上:投句横丁
右上:友情出演おんせんにゃんこさん
左中:楽市楽座(フリマ)
中中:屋台村
右中:路上切り絵パフォーマンス
左下:びしゃもんず(ACKOさんと友情出演G)
中下:謎のBBQ軍団
     
     
路地ST.も多くの皆様により、無事に終了することができました。
このイベント、開催時期が例年6月上旬ということで天候にはいつも悩まされますが、今年ほど雨に降られたことはありませんでした。イベントは天候さえ良ければ半分は成功と言われるほどです。今回は、その意味では最悪のコンディションで行われたと言ってもいいと思います。
ですが、多くの皆様に小鹿野町を訪れていただきました。また、多くの関係者のご協力もありがたかったです。
路地ST.は来年もきっと行われます。路地ST.・・・・余韻の残る良いイベントに成長しました。
 
主催:おがの路地まち研究会
共催:バンビサービス協同組合、小鹿野町、全国路地のまち連絡協議会
後援:埼玉県商工会連合会、西秩父商工会
協賛:NPO法人つげの会