トップページ>小鹿野町土地開発公社
 
    小鹿野町土地開発公社は解散しました
 ≪解散までの経緯≫
  小鹿野町土地開発公社は、公共用地・公用地等の取得、管理、処分等を行うことにより、地域の秩序ある整備と町民福祉の増進に寄与することを目的に昭和49年8月に小鹿野町の全額出資により設立されました。以来、40年近くに渡り町づくりに貢献してきました。この間、公共用地の先行取得や宅地分譲を行い、町民福祉の増進に努めてきました。

 しかし、時代の変遷とともに社会の政治経済情勢が大きく変化する中、民間事業者の成長や公共事業の減少などにより、平成19年3月に行った宅地分譲を最後に土地の取得・処分事業を行っていない状況であります。また、平成21年4月に施行された「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」や総務省自治財務局長通知により、土地開発公社の抜本改革が求められてきたところでもあります。

 そのため、およそ5年間に渡りほとんど事業を行っていない公社については、設立当初の目的を達成したと判断し、平成25年8月の理事会において解散を議決し、平成25年9月の小鹿野町議会の議決を経て埼玉県知事に公社解散の認可申請を行った結果、平成25年10月11日付けで公社解散の認可を受けたため、小鹿野町土地開発公社は解散いたしました。

 その後、11月から3回解散公告を官報に掲載し、平成26年1月29日に清算人会を開催し、清算を結了し、同日付で清算結了登記を済ませ、残余財産を小鹿野町に帰属させ、全ての手続きを終了しました。
 平成26年3月6日
 問合せ●小鹿野町役場 総合政策課財政担当 TEL:0494−75−4197